「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

自分の力で稼ぎたいなら時給換算はしない方がいい?

こんばんは!後藤です。

最近、コミュニティーメンバーと名古屋で「BUYMAの先を語る会」なるものを開催して、

「BUYMAの次にこんなことやっている」

「こんなことを考えている」

「これはどうかな?」

というような感じで飲みながら話をしてきました。

 

他の人の頑張っている様子を見ると僕も刺激になるので、

今後もこの会を開催出来たらな。と思っています。

 

実際にBUYMAの次のビジネスをスタートしている人に話を聞いていると感じるのが、

やっぱり新たなことをスタートした時って収入を得ることが出来ないんですよね。

 

今日はこれに関連して”時給換算すること”についてお話をしたいと思います。

 

自分の時給を考えたことがありますか?

あなたは副業・専業に限らず自分の収入を時給換算してみたことはありませんか?

 

月収100万円の人が月に100時間その仕事をしているのであれば時給1万円ですよね。

時給で考えれば近くのお店でアルバイトをするよりも10倍ぐらい稼いでいることになります。

 

 

でもね。こうやって時給換算しているのってあんまりよくないんじゃないかな〜って思っています。

 

とは言っても僕自身、昔は実労時間に対してこのくらい稼いでいるから時給1万円だ!みたいなことを考えていました。

 

具体的にはどんな時に考えていたかというと移動ですね。

 

例えば、新幹線を使うと1万円で2時間、普通の電車を使うと5千円で3時間。

みたいな時は自分の時給が1万円なのであれば、1時間時間が余分に確保出来る新幹線を利用した方がお得ってのが分かります。

確かにこう言った計算をして行くのはありかもしれません。

 

 

でも・・・

時給換算は癖付けちゃうとちょっと怖い。

確かに稼いだ後に時給換算してみると、すごい金額になるので優越感に浸れるんですけど、その癖が付いてしまっていると次のことへ挑戦するのが難しくなってしまいます。

 

どういうことかと言うと、自分でビジネスを始める時って多くの場合は最初は時給0円なんです。

まったく稼げないってことです。

 

だってあなたが今うまく行っているビジネスであっても最初はほとんど稼げませんでしたよね?

時給換算なんてしたら100円以下とか普通です。

 

僕がBUYMAを始めた時も、コンビニでアルバイトした方が全然効率はよかったと思います。

そしてこの情報発信だって最初の半年ぐらいはまったく収入がない状態で、ひたすら勉強し記事を書いていました。

 

収入0の状態に何百時間も費やしていたわけです。

 

 

それってビジネスにおいてはよくあることだと思うんですよね。

むしろ軌道に乗るまではお金がどんどん減っていくビジネスだってたくさんあります。

 

もし決められた給料を誰かからもらってお金を稼ぎたいのであれば時給換算をすることは当然大切なことだと思います。

でも僕のブログを読んでくれているほとんどの人は自分の力でお金を稼ぎたいと思っているはずですよね。

 

であれば、時給換算はやめましょう。

 

「おれの今の時給は1万円だからそれ以下の仕事はしない」みたいなことを自信満々に言っている人はちょっとレベルが低いですよ。笑

 

僕が最近スタートした2つのビジネスはどちらもほぼ収入0です。

でも今は収入ゼロだったとしても、どこかのタイミング収入が増えることがわかっています。

 

分かっているというよりも、そういう風に計画を立てています。

 

時給計算をしてしまう癖がついていると、

チャンスを逃す可能性があるので、どんなことにも下積みは必要と考えて行動してみるといいですよ。

 

 

それでは今日はこの辺で!

さよなら