「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

4回退職したおれが教える、会社を辞めるためにはこれが必要!

こんばんは!

 

退職のプロ後藤です。。←ダサッ!笑

僕は二十歳で就職して29歳までに4回も退職しました。

う〜ん。社会的に見れば完全にダメなやつですね。笑

 

29歳の9月には4回目の退職をしてフリーランスになりました。

 

20歳から就職したわけですけど、かなり序盤のころから「いつかは自分で会社を立ち上げてやる!」って心の中で思っていました。

でも普通に働いていれば生きることには困らないから、すぐに何とかしたいって気持ちはなかったのが正直なところです。

要するになんとなく思っていただけの中途半端な状態でしたね。

 

一応そのころからずっと副業をやっていたんですけど、どっち付かずの状態で7年ほど副業をやっても稼げない”闇の副業7年時代”を過ごしたわけです。

中途半端に起業したいと考え、副業を始めてある時を境に本気で取り組み始め結果的にフリーランスになることが出来ました。

 

そんな僕が会社を辞めたい!と考えている人に向けて会社を辞めるためにやるべきことを書きたいと思います。

ちなみに”やるべきこと”って言っても手続き的なことではないですからね。

まずは自力で収入を生み出そう!

当たり前ではあるんですけど、これが出来るようになると一気に辞めやすくなると思います。

生きていくための収入を確保出来ていれば転職するにしても自分で仕事をするにしても安心です。

 

よく「嫌ならすぐに辞めちゃおう!」みたいなことを言う人がいます。

そういう人たちは追い込まれた方がやる気になって努力するから。って考え方だと思いますけどそれってすごく無責任だと思うんですよね。

 

だって追い込まれても全員が結果を出せるわけではないと思うんです。

プレッシャーに負けて稼ぐことが出来ず借金まみれになる人もいるかもしれません。

勢いで転職して、ブラック企業に就職してしまう人もいるかもしれません。

 

だからやっぱり副業という状態である程度自力で稼ぐ力を付けることは重要です。

 

僕は自分で稼ぐ力をBUYMAで身に付けることが出来ました。

そのおかげで副業で月収100万円以上ある状態で会社を辞めたので、生活の危機を感じることなく安心してフリーランスに転身することが出来ました。

複数の収入があればなおさら

会社は辞めたい!自分でなにかしたい!

でも家族がいるから絶対に失敗出来ない!

 

そんな人もいますよね。

 

であれば、複数の収入源を作ってから辞めるのも一つの方法だと思います。

当然、一つの副業で利益を出すよりもさらに大変なことではあります。

 

本業+副業1+副業2になるわけなので、並大抵の努力では不可能ですよね。

でもこれが出来てしまえば、家族を納得させるのはそんなに難しくないかもしれないです。

 

「副業1」「副業2」がある状態でフリーランスになれば、万が一どちらか一つが稼げなくなっても生きていくことは出来ますからね。

 

自分にとって本当に会社はやめるべきなのか考えよう。

「すぐに会社を辞めたい!」「将来的に会社を辞めたい!」って人は一度本当に辞めるべきなのか考えることをおすすめします。

ここで一度立ち止まって考えることで辞めた時の行動が変わってきます。

 

って言うのも、フリーランスになるために会社を辞めるとダラダラしてしまう人って多いんです。

僕の周りにはフリーランスの人がたくさんいますけど、ほとんどの人が最初は逆に時間がありすぎて仕事に打ち込むことが出来なかったみたいです。

 

僕はそんな話を会社員時代から聞いていたので、幸いフリーランスになった初日からバリバリ仕事の打ち込むことが出来ました。

それが出来た最大の理由は、会社を辞める前に「なぜ辞めたいのか」「辞めたら何がしたいのか」「本当に辞める必要があるのか」

 

こんなことを自分に投げかけることが出来たからです。

 

会社を辞める前に自分にいろんな問いを投げかけることで、もしかしたら「辞める必要がない」ってなるかもしれないですよね。

それはそれで全然ありです。

 

僕が知っている人の中には毎月何百万円も稼いでいるのでずっと会社に勤めている人もいるので、

必ずしも会社を辞めて自分で仕事をすることが正しいってわけではないんですよね。

 

むしろフリーランスになることだけが目標なのであれば全然辞めなくてもいいと思っています。

フリーランスって自由なイメージに憧れる人もいると思いますけど、それって正直飽きます。

 

フリーランスになって自由になったことで「〇〇をやりたい!」みたいな夢とか野望がある人こそフリーランスをフル活用出来ると思います。

家族への報告はしっかりと!

自分の中で辞めることが決まったら、次は家族へ説明する必要があります。

結婚していたり子供がいる場合は結構ハードルが高い場合も。

 

すでに副業で利益を出している人は、自分で仕事をしている人にたくさん会って話をしている場合も多いと思うので麻痺していますが、やっぱり会社員は安泰ってイメージを持っている人が多いです。

だから家族は高い確率で不安を感じます。

 

「今普通に生活出来ているんだからそんなリスクを取る必要がない」って感じる人も多いと思います。

 

ここは自分がなぜ会社を辞めたいのか、そして今後何をしたいのかを熱意を持って伝えるしかないと思います。

 

くれぐれもかる〜く「会社辞めよっかな」って伝えないようにしてください。笑

真剣に伝えないと相手は本気と思わず、ギリギリになって「本気だとは思わなかった」となりかねませんからね。

辞める報告は円満に!

家族への了解を得て辞める決意をしたら次は会社に言わないといけませんよね。

 

その時、今までの不満をすべてぶちませるのはちょっとおすすめ出来ないです。

めちゃめちゃ会社が嫌な人は不満がすごいかもしれませんね。

 

でもほとんどの場合、会社に辞める意思を伝えてすぐに辞めれるわけではありません。

仕事の引き継ぎとかがあってほとんどの場合数ヶ月かかると思います。

 

あんまりめちゃくちゃなことを言っちゃうとたぶん残りの会社生活がすごくやりづらくなっちゃうと思うんです。

ちなみに僕は「やりたいことがある!」と言って会社の不満は何も言いませんでした。

まぁそもそも会社への不満とかってほとんどなかったし、報告した上司にはかなり良くしてもらっていたんですけどね。

 

とにかく「円満」に辞めた方が自分のためにも会社のためにもいいと思っています。

嫌な上司はとにかくスルー

会社に退職を申し出たら、次に発生する問題があります。

それは「モチベーションが維持出来ない問題」です。。

 

これ結構深刻なんですよ。

僕は会社に辞めることを伝えてから、実際に退職するまで半年以上あったので結構苦痛でした。

 

会社によっては嫌な上司がいたりする場合もあると思うので、そういう場合はさらに苦痛でしょうね。

でもそういう場合は、「とにかく聞き流す」これしかないと思います。

 

嫌なことや、嫌な人にエネルギーを使っているとどうしても別のことにも影響が及びます。

 

学生の頃に彼女・彼氏と喧嘩したら全然関係のないことにもイライラしてしまったり、どんよりしてしまったという経験ってないですか?

それと同じようなことが起こっちゃうんです。

 

だからとにかく副業や私生活に影響を与えないように、会社での嫌なことはスルーするのがポイントです。

 

社会保険料や税金関係を勉強しておく

今、会社員として働いている方はあまり意識したことがないかもしれませんが自分で仕事を始めると思ったよりも税金や社会保険料が多いことに驚きます。

 

国民健康保険とか結構びっくりする金額が請求されますよ。

それ以外にも税金を自分で払う必要も出てきますし、副業としてビジネスをしていた時には知らなかったようなお金がたくさん必要になります。

 

そういうお金を事前に調べておくと必要な時に慌てる必要がなくなるので安心ですよ。

 

まとめ

ここまでいくつか会社員が退職するために必要なことを書きました。

 

まぁ正直なところ、副業としてまずはなにかを始めて結果を出すことが出来れば会社を辞めるハードルは一気に下がると思っています。

もし具体的に何かやりたいことがなくて今すぐに辞めたい訳ではないって人、自力で稼ぐことから始めてみるといいかもしれませんね。

 

BUYMAは在庫を持つ必要がなく無在庫でビジネスを始めることが出来ます。

興味がある方はメルマガにご登録頂くと無料で「20万円を稼ぐための方法」をプレゼントしています。

 

ぜひご登録ください。

月収20万円の道しるべ