「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

BUYMAで結果を出すために全てを切り捨てる必要はあるの??

こんばんは!後藤です。

 

昨日はちょっと遅めの初詣に行き、今年の健康と安全をお祈りしてきました。

健康で生活出来ないとやりたいことも出来ないですからね。

 

 

年始ということで、

「今年はこれをやるぞー」って決意していることがあると思います。

 

それを実現するためにネットを調べたりしていると、

目標を達成するためには全てを捨てて取り組むべきってことが書いてあることが多くありませんか?

 

今、成功している人が「あの頃は、酒も女も友達も全てを捨てて努力した」とか言ってますよね。

しかも、成功したかったらおれと同じことをしろと言わんばかりの言い草です。

 

恋人、友達、家族、環境

 

これではすべてを切り捨ててでも本気で取り組む以外、道がないって勘違いしちゃいますよね。

 

 

でも僕の考えを言うと、周りの人を切り捨てる必要は全然ないと思っています。

 

僕は大金持ちではありませんが、普通に生活出来てある程度の贅沢は出来るだけのお金を稼ぐことが出来ています。

 

億万長者の人からすると、甘えたこと言うな!って言われそうですけど、

僕のブログを読んでくれている人の多くは、年収一億円を達成したいとかよりも今の生活を豊かにして自分の夢ややりたいことを実現したいと思っていると思います。

だからそれを実現しつつある僕からのアドバイスです。

 

実際に僕はBUYMAを始めた当初と今では周りの人たちはほとんど変わっていません。

そう、切り捨てたり周りの人との関係を疎かにしたりしなかったってことです。

 

BUYMAを始める前の友達と今でもずっと仲が良いです。

その仲間に加えて、新たにBUYMAを通して多くの人と関わるようになりました。

 

切り捨てることとは正反対で、たくさん仲間が出来たぐらいです。

なぜ「全てを捨てる必要がある」と言う人がいるのか?

まず一つ言えることが、結果を出すためには多くの時間を費やす必要があるからです。

 

BUYMAに限ったことではありせんが、自分の力で稼ぐためには多くの時間を費やす必要があります。

僕もバイマを始めた当初は毎日10時間以上の時間を使っていましたし、アフィリエイトをしていた時も毎日かなりの時間を使っていました。

 

やっぱり時間をたっぷり使える人と使えない人では結果が出るスピードが全然違ってきますからね。

例えば1日3時間使える人と、12時間使える人ではほとんどの場合時間をたっぷり使っている人の方が早く結果が出ます。

 

それを考えると、友達と遊んだりデートしたりする時間は結果を出すためには無駄な時間になってしまうかもしれません。

 

 

これとは別に「すべてを捨てる必要がある」と言うのにはこんな理由もあるのかもしれません。

それは多くの人が流されるからです。

人は周りに流される生き物です。

 

結果を出すために努力していると、必ずこんなことを言ってくる人がいます。

「絶対に無理」「騙されてる!」

 

これはいわゆる「ドリームキラー」というやつです。

 

トリームキラーとは夢に向かって努力している人を否定する人のことです。

実はこのドリームキラーは関係が深い人がなる場合が多いです。

家族であったり恋人、親友など。

 

関係が深い人はあなたが遠い存在になってしまうことを恐れています。

結果を出して、自分とは違う世界に行ってしまうのではないかと心の底で無意識に思っています。

 

だから「無理だからやめたほうがいいよ」「騙されてるよ」って言ってきます。

結果が出ていない状態の時に言われるとこの言葉によって弱気になってしまうんですよね。

 

これも周りの人を切り捨てていれば言われることもないです。

断る勇気があれば、捨てる必要はない

僕が周りの人を切り捨てずにいれたのは「断る勇気」があったからです。

 

BUYMAで結果を出すために日々自分なりにやるべきタスクを洗い出し、実行していくことが重要です。

 

でも良くも悪くも他人と関わることで自分のペースや予定は崩されます。

 

自分でその日のやるべきことを決めたとしても周囲からの誘いに乗ってしまうと予定通りタスクをこなすことが出来なくなる訳です。

もちろん1ヶ月に1回だけなら大きな影響はありません。

 

それが毎週、毎日ってなると間違いなく結果が出るまでのスピードに影響したり、結果を出すことが出来ずフェードアウトすることに繋がります。

 

これは避けたいですよね。

 

ここで大切なのが「断る勇気」です。

自分が本当にBUYMAで結果を出したいのであれば、時には断ることも重要です。

 

その時にしっかりと理由も添えて断れば、理解してくれるはずです。

ドリームキラーがいても気にするな!

親しい人がドリームキラーになってしまった場合でも気にしないようにしましょう。

 

と言っても、まったく気にせずに進めるほど人間は強くありません。

だって信頼している人なんですから。

 

言われたことを無視出来ない人は、その人に自分の夢を本気で語るのもありかもしれません。

そうすればあなたと関係が深い人ならきっと理解し応援してくれるはずです。

 

それでも無理な場合は時間の無駄です。

「絶対に見返してやるー」とそれを逆の力に変えて進んでいきましょう。

人によっては見返したい!って感情がものすごいエネルギーになる場合もあります。

 

 

ちなみに僕は何を言われても気にせず突っ走れるタイプだったのでドリームキラーの存在はまったく気になりませんでした。

鈍感でよかった〜。笑

周りの人を力の源にする

これまでを振り返ってみて僕が一つ言えることは「周りに恵まれている」ということです。

 

地元にたくさん気の合う仲間がいるからそこ、今の夢を持ちました。

「地元のお店の集客をお手伝いする仕事をし、そして会社を立ち上げたい」

 

どんなに稼いだとしても帰りたい場所があったからこの夢を持つことが出来たと思っています。

 

 

先ほどの内容に共通する部分でもありますが、

僕は周囲の人たちを大きな力にしてBUYMAに取り組みました。

 

会社員としてBUYMAに取り組んでいた時は、忙しいながらほとんど毎週のように友達と飲みに行っていました。

その理由は簡単です。

それが僕にとっての力になっていたからです。

 

週に一回出かけることで、また一週間頑張るためのエネルギーをためています。

 

僕は自分の力になってくれる人たちのおかげで今があると思っています。

 

 

全てを切り捨てて努力することを否定する訳ではありません。

それは一つの方法としてすごいと思います。

 

でも僕が伝えたいのは、それが全ての方法ではないってことです。

関わり方を工夫すれば、周りとの関係も向上させつつ結果を出すことが出来ます。

 

答えは一つではありません。

自分に合った方法を実行していくことが大切だと思っています。

 

 

それでは今日はこの辺で!

さよなら