「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

【動画解説】BUYMAの仕入れ網を一気に広げる3つの検索術!

「ピンチ(在庫なし)はチャンス!」

 

こんばんは!後藤です。

最近はリサーチの方法や外注化の方法について初心者の方向けに記事を書いています。

「リサーチ」「外注化」の2つと同じようにBUYMAで必要な能力の一つが「仕入先の開拓」となります。

 

仕入先の開拓はこのブログで何度も言っている「仕入れ力」の強化に大きく関わってくる部分です。

簡単に言うと他のショッパーが仕入れることの出来ない人気商品を自分だけ仕入れることが出来たり、他のショッパーよりも安い値段で仕入れることが出来る力です。

 

BUYMAの最安値地獄で消耗しない「仕入れ力」の重要性

 

特に今回はオンラインでの仕入先開拓の方法について初心者向けに解説したいと思います。

 

予備知識:仕入先を広げるチャンスは在庫切れの時

BUYMAで商品を販売していると在庫確認なしで注文が入ることが多々あります。

しかもそういう時に限って当初予定していた仕入先で在庫切れになっているんですよね。

 

でも諦めたらそこで終了です。

 

ピンチはチャンス!

 

そう、在庫がない時ほど仕入先を開拓するチャンスです。

注文が入ったのに在庫がなかったら必死で在庫を探しますよね?

ここで簡単に諦めてしまうか地道に探すかで売り上げが大きく変わっています。

 

でも実はこれって仕入先の探し方を知っているか知らないかの差がかなり大きいんですよね。

今からご説明する方法は初心者の方から上級者の方までみなさん使える方法なので必ず習得してください。

1.画像検索

BUYMAをやっている方であればほとんどの人が知っているであろう基礎中の基礎となるのが「画像検索」です。

画像検索は基本的にBUYMAで別のショッパーが出品している商品の仕入先を知るために使います。

仕入先を知りたい商品のページへ移動する

今回はこちらのショッパーさんが出品している商品の仕入先を調べてみましょう。

 

もし自分がこの商品と同じ商品に注文が入って在庫がない場合、BUYMAで同じ商品を出品しているページに行き画像検索することは多々あります。

加工されていない画像の上で右クリック

今回の商品は1枚目の画像が加工してあるのでそれ以外の画像の上で「右クリック」しましょう。

画像が加工してあると検索出来ない場合がほとんどなので必ず未加工画像にしてくださいね。

 

右クリックすると「Googleで画像を検索」の表示が出てきますのでクリックしましょう。

検索結果からサイトをクリック

画像検索をすると上記のような検索結果が出て来ます。

まずは自分が検索した画像と表示されている画像が同じか確認しましょう。

画像検索は加工した画像や、とてもシンプルな商品(無地Tシャツやジーンズなど)は精度が低いためまったく違う商品が表示される可能性もあります。

 

次に画像の横に表示されている赤色で囲った”ドメイン”が「buyma」になっていないか確認しましょう。

下の赤枠はbuymaになっているのでこのページに移動してもバイマのアメリカサイトに移動するだけです。

 

上の赤枠はbuymaではないので上のサイトをクリックしましょう。

これで仕入先が発覚

クリックしてみるとこちらのサイトに移動しました。

これで仕入先が分かりましたね。

 

注意
画像検索で表示されたサイトが確実にそのショッパーの仕入先とは限りません。

 

経験豊富のショッパーは画像検索から仕入先がバレないように別の画像を使っていることもあります。

とはいえ、上級者でも実践している方法なのでぜひ実践しましょう。

2.型番検索

型番検索は商品の型番を検索し仕入先を探す方法で、仕入先の開拓にかなりの威力を発揮するおすすめの方法です。

直営店で仕入れる予定だった商品が在庫切れになった時などによく使っています。

まずは公式サイトで型番をコピー

仕入先を開拓したい商品の公式ページで型番をコピーしましょう。

型番が書いてある場所はブランドによってそれぞれですが、一部のブランドを除きサイトには必ず型番がありますので探しましょう。

 

型番をググる

先ほどコピーしておいた型番を検索しましょう。

ずら〜っと検索結果が表示されるはずです。

BUYMA&公式サイト以外を地道にクリック

画像検索のパートでもご説明したように検索結果には「BUYMA」が混ざっています。

クリックするだけ時間の無駄ですのでBUYMAは避けましょう。

 

そして今回は公式サイトも見る必要がありませんので、ドメインにFENDIと入っているサイトはクリックしません。

公式サイトの見分け方は慣れるまで難しいかもしれませんので、自分で実際にクリックして確認するのがおすすめです。

 

では「BUYMAと公式サイト」を避けて順番にクリックしていきましょう。

地道な作業になりますが有名なオンラインショップから超マイナーな穴場セレクトショップまでさまざまなサイトが出てくるはずです。

 

ポイント

型番検索はスキルが大きく関わってくる検索方法です。

 

説明通りの検索でサイトが出てこない場合はスペースを開けたり、少し決して検索するなど工夫が必要です。

 

例:8T6645 A3GWF 13CT

例:8T6645A3GWF

3.商品名検索

商品名検索は型番検索と流れはほとんど同じです。

型番で調べるのではなく商品名で検索するのが商品名検索です。

公式サイトで商品名をコピー

仕入先を開拓したい商品の公式ページで商品名をコピーしましょう。

国を変更することでフランス語やイタリア語など言語が変わりますので複数の国で検索するとよりマイナーな仕入先を見つけることができる場合があります。

 

商品名+ブランドで検索

型番検索と違う部分ですが商品名検索の場合はブランド名を入力した方が正確性がアップします。

今回はFENDIですので「商品名+FENDI」で検索しています。

 

絶対にブランド名を付けた方がいいという訳ではありませんので、色々試してみましょう。

 

ポイント

型番検索はピンポイントで商品を検索することが出来ましたが、

商品名検索はピンポイントで商品を探すことは難しく、セレクトショップの一覧ページに飛ぶことが多いです。

 

その中から目当ての商品を見つけることが出来ればベストですが、見つけることが出来なくても今後のために見つけたセレクトショップは保存しておきましょう。

まとめ

これまで「画像検索」「型番検索」「商品名検索」を解説しました。

実際にやってみると簡単でしたよね?

 

冒頭にお伝えしましたが、これは知っているか知らないかの差です。

慣れは必要ですが特別なスキルは必要ありません。

 

これはみなさんは基礎となる検索方法を知ることが出来たのであとは実践するだけです。

 

仕入先の拡大は「仕入力」アップに繋がります。

仕入れ力がアップすればBUYMAで唯一無二の存在になることができるはずです。

 

まずは、今回ご紹介した仕入先拡大の方法を身につけ最強の仕入れ網を築きましょう。