「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

あれこれ考えて行動出来ない人へ。走りながら考えるってどうですか?

こんばんは!後藤です。

 

猛烈な台風が近づいているってことで明日は家でゆっくりしたいなーなんて思っていますが、会社があるのでいつも通り出勤します。。。

 

台風って実はBUYMAの売り上げにも影響を与える場合があるんですよ。

台風が直撃する地域ってさすがにみんな外出を控えますよね。そうなると暇でBUYMAを見る人も増えるわけです。

ということで売り上げがアップすることも多いので、前日から出来ることはやっておくといいですよ!

 

このあたりで台風の話は置いておいて本題に移ろうと思いますが、

あなたはすぐに行動に移せるタイプですか???

 

これ、行動出来ないって人は多いですよね。

ってことで今日はなかなか行動出来ないあなたに向けて書いてみました!

行動出来ない人は考えすぎていることがほとんど

なかなか行動出来ない人ってほとんどの人が頭でものすごく考えています。

僕はあんまり考えないタイプなので逆に羨ましかったりするんですけど、考えすぎもやっぱりよくないなぁって思うわけです。

 

考えすぎると不安要素がたくさん浮かんでしまうんですよね。

 

例えば、始めての外注化で外注さんを募集する時、

「応募が来なかったらどうしよう」「応募が大量に来て対応出来なかったらどうしよう」「教育できるかな?」「そもそも私なんかが外注さんを雇ってもいいのかな?」

 

こんな感じで不安要素が次から次へと湧き上がってきます。

 

で最終的には行動出来なくなっちゃうんです。

 

ノウハウコレクターと言われる、情報を集めまくって行動しない人って頭では誰よりも考えているはずです。たぶん。

 

 

でも結局は考えるよりも行動することの方が重要です。

 

考えるのは走りながらで大丈夫

考えるよりも行動って話をすると、「考えなくてもいい」って勘違いされそうですが

もちろん考える必要はあります。

 

でも「走りながら考える」

これでいいと思います。

 

実はこの「走りながら考える」って僕の言葉ではなくて最近天才編集者として有名な「箕輪厚介さん」が言っていた言葉です。

考えることは重要だけど、それよりもまずは行動。そして行動しながら考えればいい。

 

とくに、「自分は行動力がない!」「行動出来ない!」って人はとにかく考えるよりも行動することを意識しましょう。

とは言っても絶対に考える時間をゼロにして行動することは無理なんですけどね。

仕事が早い人と遅い人の違いは初動の早さ

ちなみに「仕事が早い人」と「仕事が遅い人」っていると思いますけど、その違いのほとんどは初動の早さだと思っています。

 

初動の早さってのは最初の行動を起こすまでの早さですね。

 

仕事が早い人はやるべきことに対して、あれこれ考えずすぐに行動に移す人が多いです。

もちろんあまり考えていないのでたまに失敗もあるんですけど失敗する可能性が高まった時に軌道修正すればいいだけなんです。

 

で仕事が遅い人は最初に失敗する要因とか不安要素を洗い出したりして頭の中で行動します。

そうするとやっぱり遅いんですよね。

 

失敗ってそんなに悪いことじゃない!

僕はほとんど考えずに行動するタイプなんです。なんかバカっぽいですね。笑

確かに行動量が多い分、ものすごくたくさん失敗しています。

 

これまでの副業人生の中で何度失敗したことか。

BUYMAを始めてからもたくさん失敗しました。

今でもたくさん失敗しています。

 

よく考えると僕は全力で遠回りしているんだなぁってある時気づきました。

でもとにかく遠回りのスピードが早いんです。考えずに全速力で行動するから。

でその都度、周りの人たちにも助けられながら軌道修正してゴールに辿りついています。

 

何が言いたいかっていうと。

僕は失敗することを恐れていないんです。

これって結構重要だと思っていて、取り返しがつく失敗ならそれは経験としてこれからの人生に役立つことなのですごくいいことなんですよ。

 

行動出来ない人の多くは考えすぎて失敗を恐れています。

失敗する可能性が少しでもあると足がすくんで動けなくなっちゃうんです。

 

「外注さんに上手に教育出来ないかも」

「出品しても売れないかも」

「お客さんからクレームが来るかも」

「買い付け出来ないかも」

 

なんとかなりますよ。

なんとかならなくても致命傷にはなりません。

 

死ななければ立ち上がれます。

でももう少しちゃんとこの部分を説明しておくと、BUYMAで立ち直れない状況っていうのはアカウント停止であったり資金的に許容範囲を超えた損失を出してしまうことです。

これは立ち直れない可能性があるのでリスク回避は必ず必要です。

 

話を戻して、

要するに「走りながら考える」

走っている間に失敗することもあるけど、それは別に悪いことじゃなくって行動した証です。

 

誰よりも行動してたくさん失敗しましょう。その先に成功が待っています。