「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

外注化は「覚悟」と「勇気」があれば大丈夫!

昨日は岐阜の山奥にある「柳家」というお店に行ってきました!

なんと食べログアワードのゴールドを受賞した超人気店なんです。

 

みんなで囲炉裏を囲んでジビエ料理を食べることって滅多にないことなのでとってもいい体験でした。

味はもちろんですが雰囲気も最高で、ぜひまた訪れたいお店です。

 

 

美味しいお店で料理を頂いている間も、もちろんバイマでは商品へのお問い合わせがあり、商品が売れています。

そんな時に活躍してくれているのが秘書さんを中心とした外注さんたちです。

 

今日は外注さんについてのお話をさせていただきます。

 

おそらくほとんどの人が実感していると思いますが、

BUYMAで安定的に利益を出し続けるために欠かせないのが「外注化」です。

 

BUYMAの活動で不可欠な外注化ですが、どうしても一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

・出品さんを見つけていない

 

・出品さんはいるけどそれ以外の仕事を任せていない

 

・問い合わせを任せていない

 

・秘書さんがいない

 

外注化と言っても、自分のレベルが上がるにつれて悩みが違ってきます。

 

僕の一番最初は出品さんと契約するまでに3ヶ月以上かかりました。

出品を外注さんにお願いした後も出品してもらう商品のリストアップは自分でしていました。

 

いや〜これが死ぬほど大変で出品さんが増えるとリストアップする数も増えるので毎日忙しかったです。

この状況ではさすがに「早く外注化しないといけない」と思っていました。

 

それでもすぐに行動に移せなかったのです。

 

絶対に外注化が必要と分かっていてもなぜ外注化が進まないのでしょうか?

 

 

その理由を考えることで外注化を上手に進めるヒントが見えてくるかもしれません。

 

なぜ外注化が進まないの?

外注化が進まない理由は人によって大きく違います。

そしてその人が必要な外注さんのお仕事でも変わってきます。

自分にはまだ早いと思っている

この考えを持っている人は多いはずです。

 

まだ一人の外注さんとも契約していない人はもちろんのこと、秘書さんと契約していない人もこの考えも持っている人は多いです。

 

外注化の基本的な考え方ですが、

 

「売り上げが上がってきたからする」のではなく

「売り上げを上げるためにする」のを忘れてはいけません。

 

あくまで先行投資的に外注さんに仕事をお願いするべきです。

なので外注化が早すぎるということはありません。

外注化するべきかぁ〜と悩む仕事があったらすぐに募集しましょう。

それが外注化するべきタイミングです。

教える自信がない

これもまだ外注化を全くやっていない人に多い考え方です。

 

結論から言うと、みんな最初から上手に教育出来た訳ではありません。

多くの人が失敗から学び、次に採用する出品さんの教育に活かしています。

そしていつしか教えるのが上手になるのです。

 

初めは誰もが失敗しているのです。

 

教える時間がない

教える時間がないほど仕事に追われているのであれば、逆に今すぐ外注化するべきです。

教育するために時間が必要なので最初は余分な時間がかかってしまう可能性が高いですが、長い目で見れば確実に利益がアップします。

 

なんとか少しでも時間を作り教育を行うことが重要です。

そして教える時間がないのであれば、外注さに教育もお願いすればいいので、「時間がない」は不空次第で解決可能です。

なんとなく面倒

「自分でやった方が早いし面倒!」

確かにすごくわかります。

僕も最初はこんな考えを持っていました。

 

教える相手は初心者なので、最初は自分がやった方が早くて正確なのは間違いありません。

しかし教育は未来への投資です。

 

しっかりと教育して一人で仕事をやってもらえるようになると確実に「外注化してよかった!」と思えます。

 

共通して言えることは「変わることを恐れている」ということ

これまで外注化が進まない典型的な理由を4つご紹介しました。

みなさんもどれか一つは当てはまっているのではないでしょうか?

 

どれも変わることを恐れて、自分で言い訳を作ってしまっている状態です。

 

外注化以外のことでも同じですが、人が何か躊躇してやらない時は

自分で出来ない理由を考えて、行動しないようにしているだけです。

 

つまり変わることを恐れ、無意識うちに現状維持しようとしているのです。

 

 

行動すれば誰でも出来るのにやらないのってすごくもったいないですよね?

本気で長期に渡ってバイマをやるのであれば外注化は必須事項です。

 

要するに、やる時期が早いか遅いかの問題になるのです。

それなら間違いなく早くやった方がいいですよね?

外注化に必要なのは勇気だけ!

 

変化を恐れている状態を打開するには「勇気」しかありません。

 

・初めて出品さんを募集するのは怖いです。

 

・問い合わせを別の人に任せると売り上げが落ちないか不安です。

 

・リサーチをお願いしても自分の意図する商品をリストアップしてくれるか不安です。

 

・秘書さんを雇っても報酬を支払えるか不安です。

新しいことに挑戦する時は不安や恐怖があるのは当たり前です。

それは自分が変わるチャンスに直面しているということでもあります。

 

「勇気」を振り絞り行動すれば変わることが出来るでしょう。

 

 

また、秘書さんや問い合わせ対応を任せると、売り上げが落ちるのではないかと不安に思う人もいる思います。

それは確かに間違いではありません。

 

売り上げが落ちたりちょっとしたトラブルが発生するかもしれません。

けれどそれも覚悟する必要があります。

何度も言いますが、外注化するということは長期的に見ると間違いなくメリットです。

 

1ヶ月程度の不利益は目をつぶり長期的に見て、自分にとってメリットになるような行動をすることが重要なのです。