「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

海外買い付けパートナーがすぐに見つかる募集方法

こんばんは!後藤です。

 

みなさん仕入れ力のアップに取り組んでいますか?

 

ラッキー君
海外買い付けに挑戦しようと思っているワン!
後藤
おぉ!それはナイスだね!
ラッキー君
でもどうやって海外の人を見つければいいのかさっぱりわからないよ!
後藤
確かに海外買い付けをしようと思っても採用の時点で心が折られる人って結構多いよね。

 

海外買い付けを始めたいけど、募集の方法が分からないという方に方法とコツをご説明します。

海外買い付けパートナーは見つけるのが難しい?

海外買い付けは仕入れ力が格段に上がるのは分かっていても踏み込めない方は意外と多いようです。

 

その要因となっているのが買い付けスタッフの見つけ方が分からない。もしくは募集しても応募してくれないということです。

海外買い付けは出品さんを募集する時とは少し違い、大金と高額商品を取り扱ってもらうので重みが違ってくるのは事実です。

そしていざ募集を行っても国によってははまったく募集が来ない時もあります。

 

実は海外買い付けに対して良いイメージを持っていない人もいるようで、海外在住者の中には「騙されるからやめた方が良い」というようなよく分からないデマも流れているようです。

 

僕も海外買い付けさんを募集した時に、

「現地在住者が購入することは違法なので出来ません」って言われたことがあります。

 

そんなことあるわけないんですけどね。

消費税や関税を払わないようにするのは違法なので、それと勘違いしている人も多いみたいです。

闇雲にパートナーを募集しても理想の人には出会えない

いざ、買い付けスタッフと提携出来ても全然活用出来ないというパターンもあります。

 

原因は募集の段階で重要な部分を考えていないからです。

買い付けスタッフに求められる重要な部分はこちら

・ブランド店まで近い
・配送業者まで近い
・自分の求める支払い方法が出来る
・コミュニケーショ能力に長けている
・時間に余裕がある
・現地の言葉が喋れる
・家族からの理解がある

僕はこの要素をクリアしていることが理想と考えています。

闇雲に募集をすると買い付けスタッフがいてもまったく活用することが出来ず、自分にとっても買い付けさんにとっても時間の無駄になります。

 

 

それでは順番に詳しくご説明しますね。

【ブランド店まで近い】

ブランド店までの距離は当然大切になってくるので多くの人は「ルイヴィトンまで20分以内の方」のような募集をします。
でもこれでは不十分。
ルイヴィトンでもメンズウェアを取り扱っていなかったり、レディースウェアを取り扱っていなかったり店舗によって取り扱いカテゴリーが大きく違います。
いざ買い付けスタッフさんに商品の買い付けを依頼しても自分の購入したい商品を取り扱っていなければまったく意味がありません。

【配送業者まで違い】
この項目を見落としている方が意外と多いのですが、買い付けと発送は常にセットです。
そのためブランド店までの距離と同様に重要となります。
【自分の求める支払い方法が出来る】
海外買い付けの支払い方法は一般的に「日本国内銀行振り込み」「海外送金」「ペイパル」の3つですが、人によっては国内の銀行振り込みは無理という方などもいるので事前に確認が必要です
【コミュニケーショ能力に長けている】
ここが売り上げを大きく左右すると言っても過言ではありません。
契約後に教育することでレベルアップしてもらうことは可能ですが、人との会話が苦手な方を採用すると苦労する可能性があります。
【時間に余裕がある】
店舗への在庫確認や買い付け・発送など買い付けをお願いすると思ったよりも時間がかかる場合があります。
【現地の言葉が喋れる】
英語が話せるのはもちろんですが、その国の言葉が喋れると非常に有利です。
先ほどのコミュニケーション能力にもつながることですが、現地の言葉を話せる方関係性を築く際に有利に働く場合があります。
【家族からの理解がある】「旦那に反対されたので辞めます」これが意外と多いです。
そのため家族からの理解についても重要な部分となります。

これらの重要な部分は募集文に記入することをオススメしています。

募集文に記入せず面談の時に話を聞いているとせっかく面談しても不採用にすることが増えてしまします。

そんな無駄をなくすためにも募集文で明確に自分がどんな人と提携したいのか記入し応募してくれる人を絞り込みましょう。

ストアロケーターをフル活用しよう

自分が提携したい国・地域を決めるのに大活躍するのがブランドのストアロケーターです。

ストアロケーターとはブランドの直営店がどこにあるのか確認するマップ

ここには店舗の電話番号や取り扱いカテゴリー、営業時間などが細かく記載されています。

 

大切なのは取り扱いカテゴリーを見ることです。

 

かならず自分の取り扱いカテゴリーがあるか確認し、その店舗の近くに住んでいる方を募集しましょう。

もちろんいくつかのブランドを取り扱うと思いますので、最初はブランドが集まるブランド街の近くに住む方か高級デパートの近くの方でもいいでしょう。

ちなみに上級者になるとあえて都心部から離れた店舗を仕入先にすることで在庫確保力を上げる場合もあります。

 

※ストアロケーターを使う時は日本語のページでも海外の店舗を見れるので僕のように英語が出来ない方は日本語ページがオススメです。

募集は「クラウドソーシングサイト」が鉄板

出品さんの募集にも使っていると思いますが、買い付けスタッフの募集にも「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトを活用することが出来ます。

クラウドソーシングサイトでは提携しづらいという意見も聞きますが、僕自身10人以上の方と提携しているので募集サイトとして優良なことに間違いはありません。

しかし、サイトの募集を見ると買い付けスタッフを募集している人が多数います。

募集している人が多すぎるので普通に募集を開始すると埋もれてしまう可能性が大きいです。

 

でもここで諦めちゃだめですよ~!!!

頭をフル回転されて埋もれない方法を探してみましょう。




はい!そこまで~!

僕が実践している考え方はバイマの出品にも活かせます!

 

それは「ズラす」です。

 

ズラすと言われても意味の分からない人もいると思いますのでもう少し詳しくご説明すると、

買い付けを行ってくれる人が応募しそうな別のお仕事で募集し一緒に買い付けも依頼しちゃいます。

 

これをすると募集している人がまったくいないので埋もれる心配はありません。

 

もう少し具体的にお話すると、

まずはフランス在住でフランス語が出来る方にフランス語の翻訳をお願いしてみるとか。

この場合、地方に住んでいる人に当たってしまう場合もあるので契約前にしっかり調査することが重要です。

 

この考え方をバイマに応用するとライバル不在の市場を自分から作ることが出来ますよ!

実は別のサイトでも募集出来る

クラウドソーシングサイトでズラして募集する方法も効果抜群ですが、サイト自体をズラしても買い付けスタッフと提携することも出来ます。

・クラシファンド

・MixB

・ジモモ

などのサイトは海外在住の日本人が集う掲示板なので、ここで買い付けさんを募集することも出来ます。

もちろん僕も海外掲示板で買い付けスタッフを見つけ採用したことがあります。

さぁ後は募集するだけ!!!

ここまで買い付けスタッフを募集するサイト、必要な人材についてご説明してきました。

後は行動に移すだけです。

募集文を作成し実際に募集してみましょう。

 

最後に一つだけお伝えしたいのが、相手の「不安を解消」してあげることの重要性です。

買い付けスタッフに応募してくれる方のほとんどが未経験です。

未経験の方は間違いなく不安を抱えながら募集文を見てくれています。

 

そんな方たちが不安に思っていることを想像し、先読みして不安を解消してあげられるような文章を入れることが出来れば応募の数は格段に増えることでしょう。

例えば、お金は先払いしてくれるのか。などなど

相手の気持ちになってみると「不安」は想像出来るはずです。

 

 

さあ、あとは募集するだけです!!!

 

ラッキー君
さっそく募集開始だワ~ン!

 

海外買い付けについて知りたい方はこちら!

【まとめ】海外買い付けで利益を出す全行程