「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

【海外買い付け】現物写真入手方法

 

今日は会社を半日休んで名古屋でパンケーキを食べてきました~!

JRゲートモールタワーに入っているお店なのですが、甘さ控えめでとっても美味しかったです。

やっぱりスイーツっていいですね!

と言ってもパンケーキを食べるのがメインではなくBUYMAの情報交換がメインです。

 

副業って孤独になりがちですが、定期的に他の人とお話することで自分の意識の中になかったアイデアが見つかったりモチベーションアップにもつながるのでオススメです。

 

そしてせっかく名古屋に行ったので直営店も軽く見てきました(^^)/

いやぁ~やっぱり見ると欲しくなっちゃいますね。

 

でもなんで見ると欲しくなるのでしょう?

たぶん普段公式サイトで見ている画像とは違った雰囲気を味わえたり、細かい部分まで見ることが出来るからだと僕は思っています。

 

これってバイマの販売にも活かせますよね?

もちろん実物をお客さんに見せることは出来ませんが、本物に近い情報をお伝えすることは可能です。

 

本物に近い状態・・・

 

 

 

現物写真は物欲を駆り立てる

そう、「現物写真」はオンライン画像よりも本物に近い状態ですよね。

 

現物写真とは?
現物写真とは実際の商品を撮影した写真のこと

 

実はこの「現物写真」はアクセスアップに大きな力を発揮します。

 

「現物写真」で出品するだけでも大きな差別化につながるブランドもありますよ。

実際に同じ商品を同じ時間に「現物写真」「オンライン写真」の2パターンで出品するとアクセス数の伸びに違いが出ます。

 

 

でも「現物写真」ってどうやって入手すればいいかご存知ですか?

ちょっとしたことで写真をゲットすることは可能ですが、気を付けたい点もあるので注意が必要です。

写真の入手には2パターンある

 

現物写真を手に入れる場合には2通りの方法があります。

 

1、店舗スタッフにもらう

2、買い付けスタッフさんに撮影してもらう

 

「店舗スタッフにもらう方法」は、WhatsAppやメールで店員さんから直接画像をもらいます。

そして「買い付けスタッフさんに撮影してもらう」は、直営店に出向いてもらい画像を撮影してもらう方法です。

 

結論から言うと僕の場合はほとんどが店舗スタッフに画像をもらっています。

店員さんは規則に忠実だから送ってくれないじゃないの?と思う方もいらっしゃると思いますがそんなことありません。

高級ブランドの店員さんでも普通に送ってくれますよ!

店員さんから画像をもらうには〇〇するだけ


店員さんから画像をもらうのは難しそうと感じるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

なぜなら、店員さんに「画像をください」って言うだけなんですから。

実は結構多くのブランドで画像をくださいと言えば普通に送ってくれます。

 

でもいきなり画像を送ってほしいと頼んでも送ってくれない場合もあります。

一度購入すればほとんどの場合は大丈夫ですが、問題は一回も買ったことのない場合です。

一回も購入したことがない場合でも差別化のためになんとか画像をゲットしたい・・・

 

そんな何らかの理由を付けて画像がどうしても必要な状況を演出するのがおすすめです。

もちろんこのやり取りは買い付けスタッフさんにやってもらうので、買い付けさんへの指導が必要になります。

 

買い付けスタッフにも言わなければ画像を入手してくれることはまずないですよ。

その時、お願いするのも相手を思いやる気持ちが大切です。

 

「画像もらっておいてください」

 

こんなお願いの仕方は最悪ですよね。

 

買い付けスタッフの多くは買い付け未経験者です。

未経験の人がいきなりそんなこと言われて画像の入手方法が分かる訳ありません。

 

どんなタイミングでどんな言い方をすれば画像をもらえるのか最初は細かく教えてあげましょう。

これが画像入手に必要なことでもありますし、買い付けスタッフと自分の関係構築にも役立ちます。
買い付けスタッフが店員さんと仲良くなってくれると商品が入荷する毎に大量の写真を送ってくれるようになるので差別化の大きな材料になります。