「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

”居心地が悪い”その感覚が人を成長させる。

こんばんは!後藤です。

 

いきなりですが、みなさんに質問です!

 

今あなたは居心地の良い暮らしをしていますか?

 

「はい!」と答えることが出来た人は素晴らしいですよね。

 

今の質問をちょっと変えてみて、あなたのビジネスは居心地がいいですか?

プライベートについては一旦置いておいてください。

 

ビジネスで居心地ってどういうこと?ってなるかもしれないですよね。

 

例えばあなたが所属しているコミュニティとか。

あとは一人で誰にも関わらずにやっている人であれば他の人から干渉されることはないので居心地が良さそうな気がしますね。

 

 

別の言い方をするとストレスがあるかないかです。

 

一回自分のビジネスについて考えてみてください。

ちなみに僕は居心地が悪いビジネスがたくさんあります。

ビジネス自体が居心地が悪いってのはちょっと違うかもしれないんですけど。

 

それって意識的にやっていることなんです。

 

僕は自分が成長するためには居心地の悪い環境に身を置くことが大切だと思っているんです。

今日はそんな自分が成長するための環境について書きたいと思います。

 

それでは行きましょーう!!

とりあえず過去を振り返ってみて!

まずはあなたの過去を振り返ってみてください。

 

この世に生まれ、成長し幼稚園に入り小学校、中学校、高校、(大学)、会社と生きてきたと思います。

振り返ってみて、どのタイミングが自分が一番成長したと思いますか?

 

 

もちろん人それぞれ違いはあると思うんですけど、多くの場合が何かをスタートした時ではないですか?

 

例えば、小学校に入学して色んなことを勉強しましたよね?

足し算も覚えたし、ひらがなも覚えたはずです。

これは間違いなくものすごく成長しています。

 

でも逆に会社に入って、5年後と入社したての時ではどちらが成長していますか?

部署が変わったり、これまでやっていた仕事と全然違うことをやり始めたのであれば5年後かもしれません。

 

でも5年間まったく同じことをしていたのであれば、たぶん入社した時の方が成長していますよね?

 

僕も例外ではなく、やっぱり学校に入学した時や会社に入った時が一番成長したと思います。

 

成長する時は環境が変化した時

あなたが成長したと感じる時期を振り返ってみると、周りの環境が変化していませんか?

 

小学校に入った時には、知らなかった人にたくさん出会いました。

自分の考え方とはまったく違う考え方を持った人たちに出会い困惑したと思います。

 

まぁ今では当然覚えていないですけど。。笑

 

もっと記憶の新しい部分を思い返してみます。

会社に入った時には、ほぼ全員が初対面。しかもこれまであんまり関わることのなかった何十歳も年上の人たちと関わるようになりました。

 

まさしく環境に変化が起きていますよね。

 

そうやって環境が変化したことで成長することが出来ています。

 

上の花だって同じです。

自らの意思で環境を変えているわけではありませんけど、冬を超え春の暖かい日差しによって花が咲きます。

もしずっと寒い冬のままなら花は開かないわけです。

 

環境が変わるってのはやっぱり花とっても人にとっては居心地が悪かったりストレスがかかっているんですよね。

でもそれを乗り越えることで成長していくんだと思います。

成長にストレスは付きもの

環境が変わり結果的に成長出来た時は、たぶん多くの人がストレスを感じています。

 

高校の登校初日ってドキドキしましたよね?

ワクワクもあったと思いますけど、緊張感って必ずあったと思います。

 

ストレスって言うと語弊があるかもしれないのですが、間違いなく心に負荷がかかっていますよね?

 

 

こんな感じで過去を振り返ってみても、成長した時は何らかのストレスがかかっています。

だって家にいてソファーでゴロゴロしている時に成長するなんてまずないでしょ?

ソファーでゴロゴロしている時は居心地が良いですから成長しないわけです。

 

 

ちなみにストレスがある時に必ずしも成長するってことではないですからね。

成長している時を思い返してみるとストレスがかかっていることが多いってことです。

 

この違いって意味が分かりますか?

 

例えば人からイジメられれば心にストレスがかかりますよね?

でもこれって耐える能力はアップするのかもしれませんけど、別に成長はしないんです。

 

 

何が言いたいかっていると成長したいのであれば、意識的に環境によるストレスをかけた方がいいってことです。

環境の中には当然人も含まれるわけですけどね。

ストレスは成長の起爆剤

ストレスという言葉を聞くと悪いものと捉えてしまう人も多いと思います。

 

でもこれまで説明したようにストレスは成長するために欠かせないものです。

 

 

だからこそ僕は意識的にストレスがかかることをするようにしています。

 

簡単なことだと、

・明日の行動計画を立て、実行する

・会ったことのない人に会う

 

こんな簡単なことでも小さなストレスがかかります。

 

毎日成り行きで仕事をしていたら、ストレスはかかりません。

例えば会社員で副業としてBUYMAをやっている人が、休みの日に8時間BUYMAをやるとします。

 

計画を立てていなければダラダラと気楽に仕事が出来ます。

でも自分で必ずやると決めた計画があれば、淡々と仕事をする必要が出てきます。

結果的には計画を立てた方が仕事が捗るわけです。

でもその代わりストレスがかかります。

 

そして「会ったことのない人に会う」っていうのは、これも多少のストレスがかかっています。

自分の価値観とまったく違って共感できる部分がゼロなのであれば、大きなストレスがかかるかもしれません。

 

でもそれにより他の人の意見を聞くことができ、考え方に幅が出るようになる可能性があります。

 

 

でもこういう軽いストレスって自分の成長に合わせてストレスを感じなくなっていきます。

 

僕の場合、BUYMAを始めるまでは初対面の人と会うのがすごく嫌でした。

何を話したらいいのか分からないし緊張するし。

僕にとってはストレスだったわけですよね。

 

でもそれを続けるうちに全然ストレスがかからないようになっていきました。

 

だから意識していないといつの間にかぬるま湯に浸かった状態になってしまうんです。

良いか悪いかは別として、人間って大変なこととか辛いことでも続けていると慣れるもんですからね。

 

 

ってことでここでぬるま湯に浸かりがちな状況を書きたいと思います。

 

ありがちな”ぬるま湯”に浸かった状態

いつも同じ人とばかり会っている

この典型的な状態は、会社ですね。

会社って一度入社すると基本的には同じ人との関わりが続いていきます。

 

部署が移動したりすることはありますけど、毎年のように部署を転々とし続ける人ってほとんどいませんよね。

 

基本的は数年単位で同じ人と関わり続けます。

中には何十年も同じ人とばかり関わり続けている場合もあるかもしれません。

 

会社員が悪いと言っているわけではないんですけど、成長しづらい環境にあるのは間違いないと思います。

 

 

会社以外でもずっと同じ友達としか関わっていないとそれはやっぱり変化はないかもしれませんね。

でもこれは友達を切り捨てましょうとか言っているわけではありません。

 

友達との関わりはそのままでもいいので、新たに関わる人を増やしていけばOKだと僕は思っています。

ずっと同じコミュニティにだけ所属している

こういう人って多いかもしれません。

ずっと同じコミュニティにいると間違いなく居心地がよくなっていきます。

 

自分は古参になっていきますしね。

 

ちなみにコミュニティってのはお金を払って参加している集まりだけではありません。

何か同じ趣味で集まっているようなものも同じです。

 

僕は数年前から参加しているコミュニティがありますが、それ以外にもまったく違う分野のコミュニティにも所属しています。

今、コミュニティという考え方が広がり、ビジネスに限らず多くの分野でコミュニティが作られています。

 

そして複数のコミュニティに所属することが当たり前になりつつあります。

 

複数のコミュニティに所属することで関わる人や分野、価値観、年齢層にも幅が出てきます。

ちょっとストレスとか関係のない話にはなりますけど、こうやってダイバーシティを意識した行動が個人にも求められてくるような気がしますね。

人の価値観を全否定する

無意識のうちに他人の意見を否定したり拒絶してしまっていることってありませんか?

人はものごとを考える時に自分軸で考えます。

 

そうなると当然自分が経験したことのないことや考えてもいなかったことや意見に出会った時否定しがちです。

 

でもこれは成長するという観点から言うともったいない気がします。

別にすべでに賛同する必要はないですけど、拒絶せず頭の中に一回入れてみることで考えの幅が広がり成長に繋がっていきます。

無駄なプライドがある

無駄なプライドを持っている人って完全に変化を怖がっている人だと思うんですよね。

成長するという観点からは明らかによくない状態です。

現状維持を考えている

現状維持を考えている人はいつか衰退します。

そもそも現状維を考えているってことは成長するつもりがそもそもないってことですよね。

 

当然そんな考えを持っている人は成長することは出来ません。

自分の成長に合わせて常に新たな環境を!

ここまで長々と居心地が悪かったりストレスがかかった方が成長しますよ。ってことを書いてきました。

 

自分にストレスをかけようとか居心地の悪い場所を見つけようってのは難しいかもしれません。

だから結論から言うと、一番簡単なのは常に新たな環境を求めて動き続け新たなことに挑戦することです。

 

今このブログを読んでくれている人は成長欲求がある人だと思います。

そんな人たちが成長するためには、とにかく同じ場所に留まらないことが大切です。

 

色んなところに出かけ色んな人に出かける。

そして吸収したことや、学んだことを活かして行動してみることで毎日着実に成長することができると思います。

 

 

それでは今日はこの辺で!

さよなら