「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

3ヶ月ぐらい引きこもってみた結果。やっぱりダメだった話

こんばんは!後藤です。

 

今日も朝から晩までひたすら自宅で犬に囲まれて仕事をしています。

 

僕は先月、韓国に行き今月はハワイに行っていたんですけど、

実はそれまで結構長い間引きこもって仕事をしていました。

 

たぶん3ヶ月ぐらいかな。

それまでかなり頻繁に東京にも行っていましたし、海外にも行っていたんですけどとりあえず意識的にやめてみたんです。

 

 

今日は引きこもってみて感じたことを書きたいと思います。

実労時間は確実に増加!

そもそも僕があまり出かけず家でひたすら仕事をしようと思ったのは、仕事の時間を増やすためです。

東京や海外に出かけることなく家でひたすら仕事をしていれば仕事が出来る時間は増えると思ったので。

 

時間を作れば店舗マーケティングの勉強をしたかったというのもありますし、コンサル生に時間を掛けたいってのもありました。

 

これは3ヶ月やってみて正しかったです。

 

間違いなく実労時間は増えました。

 

基本的に毎日9時から仕事をして、休憩や食事を挟んで0時まで仕事をしていたので会社員時代よりは間違いなく仕事をしていましたね。

おかげでインプットもアウトプットもたくさん出来たと思います。

モチベーション維持が結構大変。

家に引きこもることで時間は確保出来るのですが、正直モチベーション管理が結構大変です。

 

毎日同じ生活をしてひたすら仕事をしているわけですから、まあ単調なんですよ。

そして時間もたくさんあります。

 

今、会社員の人でもこんなことってありませんか?

平日の時間がない時は集中して仕事が出来るのに、休日で時間がたっぷりあると結局時間を無駄に使ってしまって集中できなかったってこと。

 

自己管理をしていないと毎日これが起こる可能性があります。

だって時間は毎日、一日中あるわけですから。

 

僕は、やるべきタスクを決めたり時間管理をして時間を無駄にしない工夫をしました。

それに加えてモチベーションの管理ですね。

 

モチベーションを高く保つために、自分がなんのために今仕事をしているのか明確にして取り組むことも必要です。

 

たぶん時間がそもそもあまりなければ、そこまで時間を無駄にしない方法は考えなくてもいいんですけどね。

これは時間があるからこその悩みだと思います。

アイデアが枯渇するという事態。

僕がこの引きこもりで感じた最大のデメリットは、仕事にしか触れることがないってことです。

あとは孤独。

 

引きこもっていれば、当然ひたすら仕事です。

 

僕の場合、ほとんど毎日誰かと面談をしてはいますけど、結局起こるすべてのことが僕の想像する範囲なんです。

これって意味わかりますか?

 

家の中にずっといたら想像もしていないようなことってほとんど起きないんです。

 

 

これってビジネスをする上で致命的だと思います。

 

ビジネスのアイデアは自分の価値観とは違うものに触れることで思い浮かぶことが多いです。

あんなことをしたら楽しいんじゃないかな。とかこれって新しい事業を始めることが出来るんじゃないかな。とか

 

 

実際に僕がBUYMAの次にやり始めている店舗マーケティングの仕事は、人との出会いによってスタートしました。

マーケティングという仕事をしている人を見ていてマーケティングって「人の夢を叶えることの出来る仕事」だと感じてカッコいいって思ったからです。

そして、地元三重県には夢を叶えることの出来ていない経営者や個人事業主がたくさんいることも実際に出会うことで知りました。

 

そこから店舗マーケティングをしたいと思い始め今に至ります。

 

家にいたら新たな人に出会う機会は圧倒的に少ないですし、自分の想定外は起こりづらいです。

 

 

これはどう考えても致命的なんですよね。

まとめ

ここまで引きこもってみた感想を書いたのですが、

僕は今後出来るだけ外に出たいと思っています。

 

将来的な収入的には、人生の満足度的には僕は外に出ていた方が良いと改めて感じることが出来ました。

 

実労時間は確実に減ると思いますけど、その分効率化すればいいし新たなアイデアが得れるのであれば絶対にそっちの方がいいと思います。

 

いろんな人と出会い、いろんな場所に行き、新たな感性を磨いて行きたいと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で!

さよなら