「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

【実際どうなの?】フリーランスを1年経験して感じること

こんばんは!後藤です。

 

実は今月で会社を辞めて一年が経過しました。

本当に一年経つのってあっという間で、色んなことをたくさん経験したのですが何とかここまでやってくることが出来ています。

 

僕のブログを読んでくれている人の中には、現在会社員でいつか副業で結果を出して辞めたいと思っている人が多いと思います。

 

そういう人たちからすると実際、会社を辞めてどうなのかって気になる部分でもあると思うので、

今日は実際にフリーランスを一年経験してみて感じたことを書きたいと思います。

 

会社を辞めたいと思っている人は参考にしてもらえると幸いです。

自己管理を重要性を痛感

会社を辞めてフリーランスになったことで圧倒的に変わったことは時間です。

 

会社員時代は「仕事に行く前」「仕事の合間」「仕事が終わった後」という会社の時間以外を使っていた訳です。

会社員としての仕事を中心とした生活です。

 

 

でも会社を辞めたことで通勤時間なども合わせれば平均して10時間ぐらいの時間が一気に確保出来るようになりました。

 

寝ている時間を考えればこれまで自分に与えられていた時間の倍ぐらいの時間が一気に手に入ったことになります。

 

会社を辞めることを決めた最大の理由は時間を確保することだったので、退職後は一気にエンジン全開でこれまでの倍の時間を仕事に当てることが出来ると思っていましたが・・・

 

そんなにうまく行きませんでした。。笑

 

時間がたっぷりあると逆に時間を上手に使えないんですよね。

 

 

みなさんもこんな経験ありませんか?

 

「休日に丸一日副業の時間を確保したのに全然集中出来なかった」

「たっぷりと時間はあったはずなのに思うように作業が進まず、結局ほとんど何も出来なかった」

 

時間がありすぎると意外と集中出来ないんですよね。

 

この”休日状態”がフリーランスの場合毎日続くんです。

これはヤバイですよね。

 

僕の場合は会社を辞める前からフリーランスの先輩達に時間管理の重要性を聞いていたので

それほど時間を無駄にすることはありませんでしたが、それでも最初の方は会社員時代よりも効率良く仕事をすることは出来ていませんでした。

 

自由を求めていたのに、自由すぎると人って駄目になるんだな〜って実感しました。

 

でもこれは気合が足りないとかモチベーションが低いってのが問題なわけではないです。

 

時間の管理が出来ていない最大の理由は予定を立てることが出来ていないからだと思います。

 

会社員時代の時間がない時は、無意識のうちに今日やるべきことを決めていました。

時間がないから切り捨てる部分を決めて最重要課題に取り組むようにしていたんです。

 

でもフリーランスになって時間が増えると、時間が無限にあると勘違いしてしまいます。

 

そうなると後回しにする癖がついてしまい、結局やらないことになってしまいます。

 

今後、みなさんがフリーランスになって時間のある環境にシフトするのであれば、毎日やるべきことを明確にし作業を進めていった方が絶対にいいですよ。

 

僕のオススメ時間管理はこちら↓

「Toggl」を使ったら3時間の損失が発覚した話。

将来への不安はあるの?

会社から決まった給料をもらえなくなることで、不安に押し潰されそうになる人はかなりたくさんいると思います。

 

実際僕はどうなのか。ってことですが、僕は複数の収入源がある状態で会社を辞めているので大きな不安は抱えていません。

とは言っても不安がまったくないかと聞かれれば、やっぱり多少の不安はあったりします。

 

順調に収入が増えれば、翌年は税金がアップするので収入を落とすことは出来ないプレッシャーもありますし、今やっているビジネスが何らかの理由で稼げなくなる可能性はゼロではないので。

 

でもそんなこと気にしていたら前に進まないので、リスクを分散しながらビジネスを進めていっている感じです。

 

一つのビジネスを極めるのもいいのですが、安定の意味で考えればやっぱり仕事もポートフォリオが大切です。

極端なことをいえば、10種類のまったく関係ないビジネスで月に20万円づつ稼ぐことが出来ていれば相当大きなミスを犯さない限り多分生活が出来ないほどに困ることはありません。

 

一つに頼っているから不安になるので、フリーランスになっても不安を出来るだけ抱えたくないタイプの人は僕みたいに複数の収入源を作ってから辞めた方がいいと思います。

 

 

ちなみに会社を辞めたいって話をすると「今すぐ辞めちゃえばいい」ってアドバイスをする人って結構多かったりします。

でもそれって無責任にノリで言っている人も結構多いので惑わされないようにした方がいいです。

 

辞めて後戻りが出来ない状態にした方が頑張れる人も確かにします。

 

でも全員が全員そういう訳ではないですよね。

 

 

不安に押し潰されてしまって行動が出来なくなってしまう人もいます。

だからそれは覚えておいた方がいいですよね。

止まったらそこで終了!

フリーランスを1年間やってみて思ったのは、今後進歩し続ける覚悟がなければやっていけないってことです。

 

先ほども書きましたけど、稼げば稼ぐほど税金はアップします。

 

例えば1年間だけ頑張って年収3000万円まで行って、翌年に年収500万円になってしまうとたぶん税金で死にます。笑

当然税金を考えて貯金をしておけばまったく問題ないですけどね。

 

しっかりと稼いで、それなりにお金も使いたいってなると止まってしまった瞬間終わります。

 

自分の進化が止まってしまうとどこかのタイミングから一気に収入は低下していきます。

 

その点から考えると、僕はのんびりしたり立ち止まることが嫌いなので自分で仕事をすることに向いているんだと感じます。

 

 

僕が大切にしている言葉の中にこんな言葉があります。

 

「人には進化か退化しかない」

 

要するに現状維持って存在しないので、月収50万円をキープしようと思っても、自分の新たな学びや努力は現状維持ではなくさらに力を入れていかないとダメなんです。

 

現状維持したいから、そんなに努力しなくていいやって考えていると確実に収入は減少します。

だからフリーランスとしてスタートしてしまった以上、僕は今後ずっと努力し続けることが確定しているわけです。

いつまでも個人事業主ってちょっとヤバイ気がする。

ここまでフリーランスの話をしてきました。

 

今さらですが、フリーランスってさらに二つに分けることが出来ます。

それは「個人事業主」と「法人」です。

 

僕はここまでの約1年間個人事業主として色んなビジネスをしてきました。

 

でも、いつまでも個人事業主ってビジネス面で考えればあんまりよくない状態だと思います。

普通多くの人は、個人事業主から法人成りを考えた時どちらの方が金銭的にメリットがあるのか考えます。

 

人それぞれ考え方があるので明確にいくら以上稼いだら法人にした方が得って言う基準はありませんが、

どんな人に話を聞いても額面年収で2000万円あれば間違いなく法人にした方が得です。

 

ってことは最高月収200万円達成しました!とか最高月収300万円です!みたいな人がいつまでも個人事業主でやっているってのは、ちょっと異常な状態だと思うんです。

実は収益的にまったく成長していないって可能性もあります。

(もちろん人それぞれ理由があるとは思いますが)

 

だから毎年毎年しっかりと利益を出し続けているのであれば、遅かれ早かれどこかのタイミングでは法人にする必要が出てきます。

僕としては単純に税金とかのことを調べるのが遅くてまだ法人ではありませんが、数ヶ月以内には法人にする予定でいます。

 

 

ビジネスをもっと大きくしていきたいって思っている人であれば、いつかは個人事業主ではなく法人へのシフトが必要になるので覚えておくといいですよ。

まとめ

ここまでフリーランスになって1年の感想を書かせてもらいました。

 

僕がフリーランスになった理由は決して楽したかったからではありません。

むしろもっと自分のビジネスに対して全力で向き合って努力していきたかったからです。

 

その観点から考えれば、この一年は充実していたと思います。

 

会社を辞めてから新たに始めたビジネスもあります。

まだ収入ゼロの状態でもがいているビジネスもありますけど、一年前に会社を辞めたことで間違いなく人生に幅が広がりました。

 

会社員として生きていくのも悪くありませんが、僕のように人生の幅を広げて仕事も遊びもたくさんのことを経験したいと思っている人にとってはやっぱりフリーランスってのはいいもんですよ。

 

 

そんな感じで今日はこの辺で!

さよなら