「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

【必読】BUYMAで稼いだら本当に自由になれるのか?

こんばんは!後藤です。

 

あなたはなぜBUYMAに興味を持ちましたか?

そしてなぜBUYMAで稼ぐことを決断しましたか?

 

BUYMAを始める時の理由として結構多いのが「自由を手に入れるため」ってパターンです。

 

自由ってのは色々あって、お金の自由もそうですし時間の自由もそうですね。

あと上司とか人間関係に縛られない自由ってのもあります。

 

 

ここで大切になってくるのが本当にBUYMAで稼ぐことが出来れば自由になれるのかってところです。

いきなり結論を言いますけど、

僕はBUYMAで稼いでも自由にはなれないと思っています。

 

確かに僕はBUYMAで結果を出すことが出来たから会社を辞めフリーランスになることが出来ました。

そして時間の自由も手に入れたし、上司などの人間関係からも自由になりました。

 

でも本当の自由を手に入れたかと言えば、正直そうは思いません。

 

BUYMAを教えている人間が言うので結構驚きかもしれないですけどこれが現実です。

 

 

ってことで今日は「BUYMAで稼いでも自由になれない理由」と「それでも僕がBUYMAをおすすめする理由」を書きたいと思います。

稼いだ数年後にはほとんどの人がお金に苦しむ

現在、多くの人がBUYMAに参入しています。

 

その中でほとんど全員があまり稼ぐことが出来ずフェードアウトし、本気で取りわずかな人が少しだけ稼ぎ、さらにその中の猛烈に努力した人がしっかりと結果を出しています。

みんな苦労しながら結果を出しているわけですけど、正直なところ一生BUYMAだけで生活していくことは出来ないと思います。

 

これは、BUYMAというプラットフォームが消えない可能性が100%ではないないから。というような曖昧な理由から言っているわけではありません。

 

なんとなくの未来予想ではなく、税務的に厳しい状況が訪れます。

ここからは多くのBUYMA情報発信者が書いていない情報なので、知らない人も結構いると思います。

 

年間1000万円以上の売り上げで課税対象者に

これはご自身で調べてもらえば情報は山ほど出てきますが、年間の売り上げが1000万円を超えると翌々年から消費税の課税対象者になります。

簡単に言えば売り上げに応じて消費税を納める必要が出てくるんです。

 

ここでポイントになるのが、「売り上げ」って部分です。

所得税などは利益に対して発生しますけど、消費税の場合は売り上げなんです。

 

これってどういうことか分かりますか?

低利益率ではマイナスになることも!

もうお分かりだと思いますが、薄利多売をしている人が課税対象者になった場合最終的に手元に残る利益はかなり少なくなります。

中にはマイナスになる人もいると思います。

売れば売るほどお金が減っていくって恐ろしいですよね。

 

さらに高値売りで販売をしている人でも課税対象者になると、課税対象者になる前と比較して利益が減ります。

一回ご自身の利益率から計算してみると、手元に残る金額の少なさに驚くと思います。

 

ちなみに消費税というのは売り上げに8%かかるのではなく、

「売り上げの8%ー仕入れ時の消費税=納付する消費税」になります。

(簡易課税後の場合別の計算方法となります)

1000万円以上の売り上げがあっても課税対象者になるまでに猶予がある

年間売り上げが1000万円を超えても課税対象者になるのは翌々年です。

2019年に年間1000万円以上の売り上げがある人は2021年から課税対象者になります。

ちなみに1月1日〜6月30日の間に1000万円以上の売り上げがある場合は2020年から課税対象者になります。

 

でもこの状況で課税対象者になるのを免れる方法が一つだけ存在します。

 

それは会社を立ち上げることです。

 

資本金が1000万円以下の会社であれば、設立後2年間は消費税を払う必要がありません。

そのため個人事業主として課税対象者になる直前に会社を立ち上げれば合計で短くても3年、長ければ4年は消費税を納める必要がありません。

BUYMAをやっている人の多くがお金に甘い

これは僕自身もそうで、もっと早くから税金や会計知識を付けておくべきだったと反省しています。

なのであえてここではその話をします。

 

はっきり言って、BUYMAをやっているほとんどの人がお金に対する考え方が甘いです。

これは僕がこれまで100人以上のBUYMA実践者の人たちと話をしてきて感じることなんです。

 

もちろん中にはしっかりと勉強している人もいます。

 

でも消費税の制度を知らないとか税金のことがかなり適当って人は多いです。

 

こういうことって知っておかないと、あとから大変なことになると思うんですよね。

 

消費税を払うためのキャッシュがなければ、そこで終了ですから。

 

難しい部分ではありますけど、自分で情報収集することが自分の身を守ることに繋がりますよ。

BUYMAで本当の自由を手に入れるためには3つの選択肢しかない。

ここまでBUYMAに対してかなり絶望的な話をしました。

でも僕は今でもBUYMAを続けています。

 

ってことはそれだけBUYMAをやる価値があるってことなんです。

 

でも利益率20%で何も考えずにずっと続けるだけではダメだと思っています。

なので、すでに結果を出しているみなさんにはこれから紹介する3つの方法へのシフトを考えてもらいたいです。

 

①利益率のさらに上げるために戦略を変える

先ほど課税対象者になると高値売りでも利益が減ることをお伝えしました。

利益率20%で販売していると消費税を支払った後の利益が減ってしまうことは想像出来ますよね?

 

であればもっと利益率の高い販売戦略にシフトするのも一つの方法です。

 

例えば、BUYMAの中では在庫を持って利益率30%以上で売っている人もいます。

そういう人たちには資金がある程度ないと勝てない部分ではありますが、

すでに結果を出している人であれば、資金を使って在庫を持ったりVIP価格仕入れを取り入れることは出来ますよね?

 

逆に言うと、利益が出たからと言って浪費していると将来的に破綻するってことも考えられるわけです。

 

「お金はお金を増やすための道具」と考えて、浪費はせずに事業投資をすることをオススメします。

②売り上げをさらにアップする

単純に売り上げをさらに上げることが出来れば、課税対象者になっても最終的に手元に残るお金は多くなります。

 

でもここには一つ落とし穴があるんですよね。

 

課税対象者になっても、年間売り上げが5000万円以下の場合は簡易課税という方法で納税額が決まります。

(簡易課税の適用は納税対象年、前年の12月31日までに申告する必要があります)

 

簡易課税の場合は、みなし仕入れ率というものを使うため少し消費税の額が少なくなります。

(詳しくはご自身で調べるか税理士さんに聞いてくださいね。)

 

ってことは頑張って売り上げを上げて5000万円の売り上げを超えてしまうと簡易課税を適用出来なくなってしまうので消費税額がアップします。

 

なのでこれを考慮しておく必要があります。

③BUYMAの先を見つける

僕が一番おすすめしているのはBUYMAの先を見つけることです。

 

簡単に言えば、BUYMAもしながら別のことを始めるってことです。

これは後で詳しく話したいと思います。

BUYMAは変わるキッカケとして最適なビジネス

ここまで読んでいただいて、「BUYMAはやめておこう」と判断した人もいるかもしれません。

すでにBUYMAをやっている人は不安になってしまったかもしれませんね。

 

でも僕はこれからもBUYMAをおすすめします。

会社員の副業にもおすすめですし、主婦の方にもおすすめです。

 

僕はBUYMAほどビジネスの第一歩として向いているものはないと思っているんです。

ほぼ資金ゼロで始めることが出来るビジネスってあんまりないですからね。

 

ただ、BUYMAを10年間やろう!みたいなことはオススメしていないだけなんです。

 

短い期間で集中的に取り組んで、キャッシュを増やし新たな戦略を取り入れたり新たなことに挑戦出来るのがBUYMAです。

BUYMAの先を見つけることがポイント

BUYMAで結果を出したのであれば、ぜひ次の何かに挑戦してもらいたいです。

 

売り上げ1000万円に到達してから約3年間の猶予があなたには与えられています。

その間に新たなことを始めることが出来れば、経済的にも気持ち的にはすごく楽になると思います。

 

僕の場合、BUYMAで年間1000万円以上のの売り上げに到達してすぐに情報発信を始めました。

そしてマーケティングを学び、経営を学び次々と新たなことに挑戦しています。

 

これは紛れもなくBUYMAがあったからです。

BUYMAで稼ぐことが出来ていたから、新たな学びに対してお金を注ぎ込むことが出来ましたしリスクを取って行動出来ました。

 

何よりほとんど全員がBUYMAをやりたくてBUYMAを始めたわけではないと思うんです。

多くの人は自分の目標や夢を叶えるための手段としてBUYMAを選んだはずです。

 

BUYMAが楽しくて仕方なかったり、天職だと感じる人はBUYMAを続けるべきだと思います。

でもそうでない人は、本当にやりたい何かを掴みに行動してみた方がいいと思います。

BUYMAを踏み台にして新たな世界へ!

何度も言いますが、BUYMAはあくまで稼ぐための手段だと僕は思っています。

 

多くの人が本当にやりたいことは別にあります。

BUYMAという初心者に対して優しい条件が揃ったビジネスを踏み台にして、

新たな世界に多くの人が羽ばたいていってほしいと僕は思っています。

 

 

それでは今日はこの辺で!

さよなら