「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

BUYMAの無在庫販売に隠れるリスク!

こんばんは!後藤です。

 

みなさんBUYMAを始める時に一番魅力を感じたことってなんですか?

これを聞くとほとんど全員の方が「無在庫販売」と答えますよね。

 

もちろん僕も無在庫販売に魅力を感じてBUYMAをスタートしました。

資金がない人にとって無在庫でビジネスを始めることが出来るってこれほど助かることはありませんよ。

 

在庫が必要なければ、リスクはほとんどないので家族からの同意も得やすいですし。

 

でも実は無在庫販売にはしっかりと意識しておかないといけないリスクが存在します。

今日は「無在庫販売の隠れたリスク」と題していくつかご紹介したいと思います。

本気になれない

「本気になれないとか、それはその人の意識の問題だろ!」って言われてしまいそうですね。

確かにそうです。

 

確かにそうなんですけど、

割合的に考えて無在庫でビジネスを始めた人は本気になれていない人が多いです。

 

基本的に参入障壁が低ければ低いほど、途中で離脱する(あきらめる)人の割合も多くなります。

それは追い込まれていないからです。

 

1000万円のお金を使ってビジネスを始めた人と、1万円のお金を使ってビジネスを始めた人では掛ける思いが違うことは簡単に想像出来ますよね。

 

これはちょっと大げさですが、やっぱり初期投資をしているかしていなかで本気度が変わってくるのは仕方ないことです。

 

僕が昔からやっているアフィリエイトもリスクゼロなので、途中で諦めても痛くも痒くもないわけです。

 

実際は途中で諦めてしまうと時間をかなり失っています。

時間って本当はすごく大切なものですけど、その大切さは気付きにくいものですから。

 

だからこそ、無在庫販売をするのであれば「辞める確率が高い」ことを頭に入れておいてくださいね。

こんな辞めやすい理由があるからこそ、コンサルティングを受けたりコミュニティーに入るために大金を支払っている人は後戻りすることが出来ない環境になって、結果を出す人を多いんです。

時間の無駄遣い

無在庫販売には最初に在庫を持たなくていいため、BUYMAで出品することにリスクはありません。

それも関係して基本的にはたくさんの商品を出品することがセオリーとなっています。

 

月収50万円を超えるような人たちは1ヶ月に1000品以上出品していることも珍しくありません。

僕は複数のアカウントを運営しているので、1ヶ月の合計出品数が2000品を超える場合もあります。

これはもちろん外注さんにお願いして出品するので自分自身は出品していませんけど、効率の面だけで考えれば在庫販売に比べて圧倒的に悪くなります。

 

1ヶ月に1000品も出品して利益50万円なので、自分が出品していないにしろ手間はかかっていますよね。

キャッシュの重要性に気付けない

ビジネスを拡大していくために、とても重要な要素の一つに資金があります。

特に物販に置いては資金力があればあるほど有利になることは間違いありません。

 

でもBUYMAで無在庫販売をしているとその重要性に気付きづらくなってしまいます。

そりゃ在庫を持たなくても月収100万円を超える人もいるので当然です。

 

さらにBUYMAに一生懸命取り組んでいれば、誰かと情報交換する場合もBUYMAをやっている人になると思います。

そうなれば当然無在庫販売の話を中心になるわけです。

これによってますますキャッシュの必要性は感じなくなります。

 

自分の考え方、周りの会話を含めキャッシュの重要性に気付きにくい環境に属してしまっていることを理解する必要があります。

最高利益を更新したからと言って大量にお金を使ってしまっていては、いつまで経ってもキャッシュが増えることはありません。

 

もちろん自分が稼いだお金は自由に使えばいいのですが、将来無在庫販売以外にもビジネスをしたい場合にはキャッシュを増やすことを常に考え行動することが大切ですよ。

まとめ

BUYMAの無在庫販売には、会社員や主婦にとっても魅力的な部分がたくさんあります、

 

でも物事には必ず裏の面も存在します。

今回無在庫販売のリスクを理解してもらえたと思います。

 

自分の心意気次第でこのリスクは回避出来るので、これからBUYMAで活動していく上で常に頭の片隅に入れておいてもらえればと思います。

 

それでは今日はこの辺で!

さよなら