「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

【読書から学ぶ】自分の強みを伝染させること!

こんばんは!後藤です。

今日は台風が接近しているので予定を変更し家でお仕事中です。

 

ビジネスのおいて他の人の価値観を知ったり経験することが重要だと思っていますが、パソコンに向かって仕事をしていると交友関係や情報が偏りがちです。

 

そこで実際に人に会う以外で自分にない価値観や知識を取り入れるために有効なのが読書です。

そのため週に一冊は本を読むようにしています。

とは言っても本を読むのはあまり得意ではないのでKindleの読み上げ機能を使って聞くことがほとんどですが。。

ロボットが話すような変な音声ですが、普通に聞けるのでおすすめです。

 

ビジネス書から心理学、小説まで色んなジャンルの本を読んでいるのですが、今日は僕が最近読んで変わるきっかけになった本があるので紹介したいと思います。

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

僕が読んだのは「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)」という本です。

この本はこれまでにNTT.リクルート、ライブドア、LINEを渡り歩き現在はZOZOで働いている田端信太朗さんの本です。

 

ここでダラダラと本のレビューを書いてみなさんに本をお勧めしても全く意味がないので(レビューならAmazonを見たほうがいいです)僕が本を読んで自分の生活や仕事にどうやって変換しているのか、ブランド人になれ!を通して書きたいと思います。

 

ちなみにamazonのレビューを見るとめっちゃ評価が低いです。w

でも僕にとっては自分を変えるきっかけになりそうな本だったのでご紹介します。

 

では、さすがにざっくりとこの本の内容を書かないと話が進みませんのでご説明すると、

会社に所属していても個人としての価値を高めることが今の時代には大切です。という本です(めっちゃ簡単。笑)

 

とにかく量をこなせ。量が質を生む

いきなり自分が反応した一文をご紹介します。

 

とにかく量をこなせ。量が質を生む

 

僕が他の人に負けない部分があるとすれば誰よりも早く動き、誰よりも量をこなしている事である。

逆に言えばこれ以外、吐出している部分はないと思っています。

 

だからこそ誰よりも早く、誰よりも量をこなす。これを常に考えてきました。

こなすと言うと、なにも考えてないように聞こえますが、行動しながらちゃんと考えています。(失敗も多いですけどね)

 

しかし、田端さんの行動量を見て全然ダメだ。と危機感を覚えました。

 

要するに僕は今まで無意識の内にバイマという小さいエリアの中で誰よりも早く動き誰よりも行動する事を意識してきました。

でも自分の人生においてBUYMAが全てではありません。

まだまだ別の挑戦をして行きたいし、挑戦しないと生き残れないと思っています。

そう考えた時に今の行動量では全く太刀打ち出来ないと感じたのです。

 

確かに田端さんは日本でもトップクラスのビジネスマンです。全くレベルの違うところにいる人かもしれません。

でもトップクラスの人はレベルが違うから「自分は自分でのんびりやる」のは僕は嫌いです。

どんなにすごい人でもその人の基準を取り入れたいと思うし、そうする事で甘えがなくなり成長スピードがアップすると確信しています。

 

バイマでも同じで、月収20万円を目標にしている人でも月収50万や100万円の人の基準値を取り入れることで結果が出るスピードが早くなります。

最初は自分との差に絶望するかもしれませんがそこから自分がなにをすれば変われるのか考えて行動すればいいだけなのです。

 

頭のいい人や論理的に行動できる人からすると頭悪いと思われるかと知れませんが、それでもいいんです。

それが自分の強みだから。

もしかしたら自分の強みを伝染させる事が出来るかも!

僕はこの本を読んで自分の役割について考えました。

実はこの本を読んだだけでなく、最近自分の役割について考えることが多かったのです。

 

自分は間違いなく猪突猛進タイプです。先ほども書きましたが誰よりも早く行動するし、誰よりも多く行動します。

自分自身のことだけを考えればこのままでいいのですが、自分はどうすればこの性格を使って周りに良い影響を与えることができるのか。そう考えるようになったのです。

綺麗事に聞こえるかもしれませんが、こうやって情報発信もしていますし僕に助けを求めて来てくれる人もいます。

だからこそ、この少数派の性格を活かしたいと思ったのです。

 

今まで自分の行動量は具体的に言ってきませんでした。

少し前に書いたこの記事では具体的な仕事内容についてそれなりに書いていますが、実際にお会いした人にはあまり話したことがないんですよね。

【密着取材】会社員・バイマ月利100万円の生活はこれ!

 

でも、この本を読んで「もしかしたら自分の行動量を示すことで周りを巻き込めるかも」と思い始めたのです。

僕は本を読んで完全に影響されたので。

 

影で努力するのではなく、努力を見せる!

 

影で努力しているのがカッコいいみたいな風潮は誰が決めたんでしょうね?

それよりみんなに行動量を公開して、みんな一緒に行動した方がカッコいいと思うんですよね。

 

実際にこれを実践したことで周りを巻き込むことが出来始めています。

まだ動き始めたばかりで手探りな部分もありますが、いつか周りを巻き込むことに特化した企画を開催したいと思っています。

本なんて自分の価値観で判断すればいい

もし「ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言 (NewsPicks Book)」を読んだことのある人がいれば全然感じ方が違ったと思います。

僕はそれが本の良さであると思っています。

自分がこれまで経験したことや体験したこと。

今、抱えている不安や期待。

自分の感情によって感じ方がまったく違います。

 

僕は「ブランド人になれ!」を読んでブランド人とかそんなことよりも田端さんの行動力から自分を考える機会となりました。

こうやって人それぞれのフィルターを通し、そこからどうやって感じたか。

それが重要だと思います。

そして感じたことをすぐに行動に移してみるのもさらに重要なのではないでしょうか。