「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

BUYMAでアカウント停止になる条件とは?

 

こんばんは!後藤です。

 

先日開催した初ウェビナーは読者の方と交流することができたのでよかったです。

また開催したいと思っているので、興味のある人は上のバナーからメルマガ登録をしておいてくださいね。

 

でですね、その時に質問をもらったことがあるので今日はそれについてお話したいと思います。

ずばり、アカウント停止についてです。

 

最近BUYMAでアカウント停止になっている人も多いので、興味のある人も多いのではないでしょうか?

僕もアカウント停止の一歩手前「全商品出品停止」状態まで行ったことがあるので、その経験も踏まえ今日はアカウント停止になる条件をお伝えします。

 

僕たちはBUYMAのおかげて成り立っている

僕たちパーソナルショッパーはBUYMAの集客力によって成り立っています。

別にBUYMA事務局に媚を売っている訳ではなく、紛れもない事実です。

 

もし自分で一からオンラインショップを立ち上げて今と同じ売り上げを出そうと思うと莫大な広告費と時間がかかります。

 

その手間やコストをBUYMAが負担してくれているからこそ今の活動があるわけです。

だからプラットフォームでビジネスをしている以上、運営会社の言うことが絶対で規約は常に確認しておく必要があります。

 

ちなみに現在BUYMAではアカウント停止の話がよく出ていますが、これはBUYMAに限ったことではありません。

Amazonでも同じですし、YouTubeでも大物ユーチューバーがアカウント停止になるなんてこともあったりします。

これはプラットフォームでビジネスをしている以上、避けては通れないことなので上手に対応していくしかないんですよね。

アカウント停止になる条件は決定的な決まりがある訳ではない

まずはお伝えしたいのがアカウント停止の明確な基準は公開されていないということです。

あからさまに規約違反をすればもちろんだめですが、それ以外の部分はこれまでアカウント停止になって人の状況から判断するしかありません。

 

なので僕たちがまずできることは規約をしっかりと理解し違反しないことです。

これは前提条件です。

 

これを理解した上で読み進めて頂ければと思います。

BUYMAのアカウントが停止になる条件

禁止買い付け先からの購入

BUYMAには「出品を禁止されている買い付け先」というものがあります。

これに該当する買い付け先からの出品はすべて規約違反となります。

 

これまで一度も見たことがない人は一度目を通しておきましょう。

http://qa.buyma.com/sell/4007.html

 

禁止買い付け方法での購入

よくあるパターンとしては、国内オンラインで購入するパターンです。

BUYMAでは国内ECからの買い付けを禁止しています。

高級ブランドの直営オンラインショップでもこれに該当するため規約違反となります。

 

また、海外店舗からお客さんに直接発送する行為も禁止されています。

これは責任を持って検品することが出来ないためです。

 

偽物の販売

当然ながら偽物の販売は禁止です。

このブログを見てくれている人は偽物と分かっていて販売することは絶対になりと思いますが、怖いのは知らずに偽物を買い付けてしまうことです。

 

万が一知らずにお客さんに送ってしまい、本物鑑定でアウトになった場合アカウント停止になるのでくれぐれも偽物を仕入れてしまわないように対策をしましょう。

 

買い付け成功率の低下

これが高値売りをしている人にとって一番の脅威です。

在庫が少ない商品を取り扱うことが多い高値売りはどうしてもキャンセルが増えがちです。

 

僕が過去に「全商品出品停止」になったのもキャンセルが多すぎたためです。

ちなみにこの「全商品出品停止」はアカウント停止の一歩手前と思ってもらっていいと思います。

 

実は買い付け成功率の低下は、ショッパーページに記載されている「買付成功率」をチェックされているだけではありません。

この「買付成功率」に関しては75%ぐらいを下回るとやばい状態です。

 

それ以外にも事務局は短期的なキャンセル率もチェックしています。

これは推測ではなく僕が全商品出品停止になって時に送られて来たメールに書いてあったので間違いありません。

 

ちなみに僕の場合1ヶ月の買い付け成功率は50%以下でした。笑

そりゃだめですよね。

 

短期的な買い付け成功率も見られているので、ショッパーページに記載されている「買付成功率」が問題ないからと言って立て続けにキャンセルすると危険なこともあります。

 

これは明確な基準はありませんが、1ヶ月の買い付け成功率が60%を切ってくるとヤバイのではないかと思っています。(あくまで予想です。)

 

お客さんへの連絡不足

しっかり利益を上げている人でも販売単価が高く注文数が少ない人は想像出来ないかもしれませんが、商品がよく売れるとお客さんへの連絡が遅れがちになります。

さらにしっかりと管理が出来ていないと気づかぬうちに無視してしまっているってパターンが発生することもあるかもしれません。

お客さんを無視してしまっている状態でそれをBUYMA事務局に連絡されてしまうと注意を受ける可能性があります。

それを何度も繰り替えるとアカウント停止になる可能性があります。

 

強制キャンセルの多発

BUYMAでは「注文が確定した日時」の18日後の同じ時間に発送期限日時が決められているのをご存知ですよね?

発送が遅くなる場合は、こちらからお客さんに対して「発送期限日の延長」をできるのですが、それを忘れていると「強制キャンセル」になってしまいます。

この強制キャンセルが多発すると事務局から制裁を受ける可能性が非常に高いです。

 

評価が低すぎる

評価の点数が低すぎる場合もアカウント停止のリスクが高まります。

これは単体で見られているというよりも、なにか問題が発生した時に複合的に評価されることが多い印象です。

 

例えば、買い付け成功率が低下した場合評価が「4.5」の人であれば注意されるだけなのに、評価「2.9」の人は一発アカウント停止、みたいなことです。

この評価は一時の頑張りでどうにかなるものではないので、常にお客さんに満足してもらう気持ちで取り引きすることが大切です。

基本的に早めの対処をすれば大丈夫

最近、BUYMAをやっている人と話をするとアカウント停止について心配している人がものすごく多いです。

万が一アカウント停止になってしまったら、これまで頑張ってきたことが全て水の泡なので心配なのはすごく分かります。

 

でも僕が最近を思うのは、

めの対象をすればアカウント停止にならない

ということです。

 

完全な規約違反は論外として、買い付け成功率の低下やお客さんへの連絡不足は早めに対処すれば防ぐことが出来ます。

 

僕の全商品出品停止を含め、基本的に対処が遅いのが原因です。

買い付け成功率が低下していることはアカウントの状況を把握していれば前からヤバイことは分かります。

 

その時点で何らかの対策を行うことが出来ればまったく問題なかったんです。

 

「なんとかなるだろう」この気持ちが全商品出品停止に繋がってしまいました。

 

 

常に早めの対処を心がけることで、意外とアカウント停止ってのは怖くないのではないかと僕は思っています。

 

それでは今日はこの辺で!

さよなら