「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

お金のための仕事は辞めて「98000時間」を”好き”に変えよう!

こんばんは!後藤です。

 

みなさんは自分の将来を想像出来ていますか?

 

会社員の方であれば、〇年後に昇進し年収は〇〇〇万円ぐらい、なんとなく将来を想像出来るのではないでしょうか?

数年前の僕もまさしくそんな感じでした。

でもそこに自分は違和感を感じ、分かりきった平凡な生活をして人生が終わって行くのは嫌だと感じていました。

 

そして今の自分は、将来のことがあまり想像出来ないです!

とういうのも自分の可能性に蓋をしていない状態で努力すれば半年後や1年後って想像出来ないんですよね。

 

副業をせずに会社員の給料だけで働いていた時はどんなに努力しても、お金の面や時間の面で大きな変化はありませんでした。

自分がどんなに頑張っても大きな改善がないってことは、自分の可能性や限界に蓋をしてしまっている状態です。

でも自分の能力や頑張り次第でどうにでもなる環境では限界が存在しません。逆に考えると下支えもないため手を抜けばどんどん下がっていきます。

 

この環境では未来は未知です。

これが僕は大好きなんです。

 

そしてこの環境で生活することである感情が芽生えました。

 

お金ではない何かのために仕事をしたい

これを聞いて「綺麗ごと言うな」と思う人もいるでしょうか?

「金のため以外に働く意味とかないでしょ」と考える人もいると思います。

 

もちろんお金はすごく大切です。

お金がなければご飯は食べれませんし大切な家族を守ることも出来ません。

だから最低限のお金は絶対に必要です。これは間違いありません。

この最低限が人によって大きく違うのですが、20万円の人もいれば100万、1000万の人もいると思います。

正直その違いはどうでもいいんです。

 

重要なのは人それぞれ違った最低限のお金があると後は「自分の好きなこと」を仕事に出来るんです。

 

「好きなこと」を仕事にするってすごく幸せですよね。

だってこれは誰もが一度は憧れたことがあるはずだから。。

 

小さいころに抱いた夢は大抵自分の好きなことです。

「プロ野球選手」「ケーキ屋さん」「お花屋さん」「パイロッット」「モデル」「女優」

 

全部好きなことのはずです。

小さいころって好きなことを仕事にしたいと思うのが当たり前です。

 

でもいつしか「好きなことを仕事にする」という感情を忘れてしまうのです。

大人になる過程で、「仕事は我慢するもの」「好きなことを仕事に出来る人なんてごく一部」

今、このブログを読んでくださっている人の中にもこんな考えを持っている人は多いはずです。

 

この考えってすごくもったいないと思うんですよね。

いつの間にか「仕事=我慢すること」と刷り込まれ好きなことを仕事にするための挑戦心すら放棄してしまっているのです。

 

日本人のサラリーンマンは生涯で98000時間も働くと言われています。

9万8千時間ですよ!

もしあなたが「仕事=我慢すること」という謎な考え方を持ったまま生きていけば98000時間も我慢することになるのです。

 

いやぁ〜ほんとにもったいない。

たった一度の人生なのに98000時間も無駄にするなんて。。

 

だってどんな人でも努力次第で好きなことを仕事にして98000時間を好きなことに費やすことが出来るんですから。

そりゃもちろん好きなことを仕事にしても我慢したり楽しくないこともありますよ。でも仕事自体が好きなことだから大した我慢じゃなくなちゃうんです。

お金のための努力と、好きのための努力はレベルが違う

これは以前ブログでもご紹介した内容ですが、

好きなことを仕事にすると、それだけで最強です。

 

どういうことかと言うと、まずはあなたがプライベートでやっていることを思い浮かべてください。

 

 

 

例えば「ランニング」「女子会」「ゲーム」「旅行」

人それぞれあると思いますが、これらが仕事になったらどんなけでも時間を費やせると思いませんか?

 

お金のためだけに嫌なことを仕事にしていると就業時間以外には基本的に仕事のことは考えたくありませんよね?

でも好きなことを仕事にすると何時間でも仕事が出来ます。そもそも本人は仕事をしているという感情すらないはずです。

 

だから仕事とプライベートの境界線はなくなります。

 

そして何よりも最強と言えるのが努力を努力と感じないことです。

 

あなたがゲームをすることが大好きだとして、そのゲーム実況でお金を稼いでいます。

ゲーム実況でお金を稼ぐためには他の実況者のチェックやゲームを攻略する能力、視聴者へのマーケティングなどあらゆる要素を学び実践する必要があると思います。

これにはものすごい時間がかかるし、睡眠時間を削る必要があるかもしれません。

 

旗から見ると「大変そう」と感じるかもしれませんが、本人は努力とは感じずに楽しいと感じているでしょう。

実際にはゲームとは関係ないことでもゲームと関連しているから楽しいと感じるはずだし自然と頑張ることが出来ます。

 

好きではない人からすると努力でも、好きなことを仕事にすることで全てを楽しいことに変えることが可能になります。

 

こう考えてみても好きなことを仕事にするって本当に最強だと思いませんか?

 

確かに最強だなぁと感じてくれたなら好きなことを仕事にする努力を始めましょう。

 

まずは「仕事=我慢すること」という常識は捨てる必要がありますね。