「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

BUYMAで500品出品してもまったく売れないあなたへ!

こんばんは!後藤です。

 

昨日風邪をひいてしまって1日寝込んでいました。

最近風邪をひくことが多くなってきたので体調管理をしっかりしないとやばいですね。

頑張って仕事をしていても風邪をひいてしまって1日仕事が出来ないと頑張った分が一気になくなってしまうので。

 

もう少し運動したり、食生活に気をつけないとな〜。

 

ってな感じで話はかなり変わりますけど、

最近ものすごく実感することがあります。

それはしっかりとリサーチして500品出品していればかなりの確率で売れる!ってことです。

 

これは少し前に作った自分の新アカウントでもそうでしたし、コンサル生を見ていてもそうです。

だから正しい方向性でリサーチや買い付け先の開拓を進めていれば500品ぐらい出品した時点で何らかの反応があるはずなんですよね。

 

もし今この記事を読んでくれているあなたが500品出品してまったく売れていないのであれば何か、方向性が間違っているかもしれません。

今日は、そんなあなたに「売れない時にチェックしたい項目」をお伝えしたいと思います。

値段で勝負していませんか?

高値売りをいざ始めようと思ってもどうしても他の出品者との価格差をすごく気にしたりして中途半端な戦略になってしまうことがあります。

これが一番よくない状態です。

安さで勝負するでもなく、完全な高値売りをするでもなく。

 

このどっちつかずの状態で結果を出すのはやっぱり難しいです。

高値売りをしているのであれば、まずは一旦ライバルの価格を気にするのはやめましょう。

高値売りに向いているブランド・カテゴリーを選んでいますか?

高値売りはとにかく出品数が必要!

そんなことをよく聞きますよね。

 

確かにそれは間違っていません。

 

でも勘違いしてはいけないことがあります。

それは闇雲に出品しまくればいいってことではない!ということです。

 

なんとなく売れているブランドの商品を出品しまくる。

これをやってしまっている人がとにかく多いです。

 

「BUYMAで売れている=高値売りできる」ではありません。

しっかりとリサーチして高値売りに向いているブランドやカテゴリーを選ばないと5000品出品してもほとんど売れないなんてことも普通に発生します。

 

出品数3000でまったく売れていない人とかって結構いますからね。

そういう人はほとんど間違いなく市場の調査をせず、”数打ちゃ当たる”の理論で出品しまくっている人です。

誰でも購入出来る仕入先以外も開拓していますか?

あなたは今、問い合わせはあるけど在庫がないって状況がよくありませんか?

 

まったく利益がない人で、問い合わせが来る商品に限って在庫がない!って状況になっている人が多くいます。

 

この状況で在庫を見つけることが高値売りにおいてはとても重要です。

在庫切れが発生している商品を見つけるためには、誰もが知っているオンラインショップだけを仕入先にしていては厳しいです。

例えば「FARFETCH」「MATCHES」「SSENSE」「MR PORTER」「NET A PRTER」とかです。

他にも有名どころはたくさんありますけど、要するに参入障壁がまったくないサイトはやっぱり在庫を見つけるのは難しいです。

大切なのはこれ以外の「海外買い付け」や「直営店直送」も混ぜることです。

 

仕入れ網は一気に広げることは出来ませんが、お問い合わせが来ているのであれば在庫確保力さえ付けば利益に繋がる可能性があります。

(もちろん世界中のどこにも在庫がないって場合もあります)

 

少しづつ仕入先を広げる努力もしていきましょう!

参考になるショッパーを見つけましたか?

500品出品する過程でたくさんリサーチをしたと思いますが、参考にしているショッパーや真似をしているショッパーはいますか?

 

もし一人もいないのであればすぐに見つけましょう。

真似をすることをモデリングと言いますが、ビジネスにおいてモデリングは欠かせないものです。

 

むしろモデリングするからこそ、お客さんに対してよりよいサービスを提供することができます。

例えば、A社が商品を販売し大人気商品となった場合、B社それを真似してさらに少し改良した商品を販売します。

そしてC社がB社の商品を改良して販売する。

 

この流れが続くことによって、お客さんはさらにいい商品を手に入れることができるようになります。

モデリングと聞くとパクるという負のイメージを持っている人もいますが、真似ることはビジネスでは当然なのでモデリングしている人としていない人の成長スピードは間違いなく変わってきますよ。

 

ちなみにモデリングするショッパーを見つけた時は、まず自分の取り扱っている商品とモデリングショッパーの商品を見比べてみましょう。

ここでまったく違うジャンルの商品を取り扱っているのであれば、もしかすると高値売りにはまったく向いていない商品を500品出してしまっていた可能性が出てきます。

まとめ

500品頑張って出品したのに売れないと、自分には無理なのかもって弱気になってしまうこともあると思います。

でも大丈夫です。

500品の経験は間違いなくこれからに活かすことができます。

 

これでまで紹介したチェックポイントにいくつか該当するものがあったと思います。

 

まずはそれを改善してみましょう。

そうすれば、きっとなにかが変わってくるはずです。

 

一つ言えることはこのまま1000品、2000品と変わらず活動を続けても売れないということです。

これまでやってきたことで売れない原因となっていたことを明確にし新たなことを取り入れながら進んでいきましょう!

 

 

それでは今日はこの辺で!

さよなら