「リサーチ&外注化セミナー動画」無料配信中!(5万円相当)

【海外買い付け】 運送業者の選び方と保険について

海外買い付けを行う上でとても重要になってくる運送業者。

 

これまでセレクトショップからの買い付けのみだった人は意識することがあまり無かったかも知れませんが、 知っておいた方が利益のアップやお客様満足度の向上に役立ちますよ。

到着までのスピードや料金、信頼性など業者によって様々なので事前に情報収集する必要があります。

 

しっかりとした情報がないと買い付けたけど送料が高すぎて利益が出ない!ってこともあるので注意したいですね。

まずチェックしたいのは郵便局

https://en.parisinfo.com/paris-professional/74734/La-Poste-Paris-Louvre

一般的に最も送料が安いと言われているのが、郵便局です。

フランスであれば「LA POSTE」

イタリアは「Poste Italiane」

ドイツは「Deutsche Post 」

海外買い付けの発送の際に第一候補として考えるべき発送方法となります。
郵便局での発送については国によってかなり違いが大きいので郵便局だから安い!と決めつけるのは良くありません。

まずはその国にある郵便局の料金と発送期間を調べてみましょう。

 

公式ページを翻訳すれば簡単に調べることが出来ますよ。

 

DHLとFedExの確認をお忘れなく

通常は郵便局よりも送料が高くなりますが、お届けまでの日にちが圧倒的に早いため急ぎの案件に活躍します。

また、荷物が大きすぎて(重すぎて)郵便局で発送できない場合はこちらの2社を利用することもあるので確認しておいた方が良いでしょう。

 

ヤマト運輸が一番安い場合もある

郵便局に比べると多少送料が高くなることがほとんどですが、

国によっては郵便局の送料が異常なほど高い場合があります。

 

そのためヤマト運輸の送料も調べておくと経費削減につながる場合があります。

集荷の有無も確認しよう


集荷をしてくれると買い付けスタッフの労力を減らせると共に経費削減にも繋がります。

海外在住の日本人は車を持っていない人も多いのでアウターを2つ同時に発送する場合などは運送業者まで荷物を持って行くのは物理的に不可能です。

そんな時に集荷に来てくれると非常に助かります。

 

一般的に郵便局が集荷に来てくれる国は少ないですがヤマト運輸は集荷に来てくれる国や地域が多いので頭の片隅に入れておいていただけると役に立つことがあるかもしれません。

保険はつけた方がいいの?

初めて海外買い付けをする時に困るのが、保険を付けるか付けないか。

 

結論から言うと基本的には付けません。

 

今まで荷物がなくなったことがないと言うのが一番の理由ですが、僕の周りの人もつけて発送している人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

僕が昔ASOSを取り扱っていた時は追跡番号もなくそのまま届かない時が数回ありましたが、そこまで送料を安くして発送期間も長い発送方法を選ばなければ基本的にはなくなることはないと思います。

 

100万円オーバーなどの高額商品になると流石になくなった時のダメージが大きいので付けた方が安心かもしれませんが、そこまで大きな金額でない場合は付けなくても問題ないかと思います。

 

あくまで自分の資金の状況を考慮して保険の有無を考えるのがいいでしょう。

しかし追跡番号なしでの発送はお客さんにとっても自分にとっても不安な事が多いのが必ず付けるようにしています

最終的には買い付けスタッフの意見を参考に

最終的には買い付けスタッフに話を聞いてみましょう。

海外在住の方はほとんど全ての人が日本に荷物を送った事があります。

 

その時の送料や日本に到着するまでの日にちを教えてもらいましょう。

実際の情報を聞くことでより正確な情報を手に入れることが出来るので料金や発送期間の目処が立ちやすくなります。

 

 

商品の買い付け時同様に発送に関しても買い付けスタッフの方が行ってくれることですので

 

料金と発送期間だけでなく買い付けスタッフ宅からの距離なども含めトータルで選ぶのが大切になります。